自然治癒力セラピー協会 : Spontaneous Healing Therapy Japan:自分の体って?心って?

形而上的癒しは超物質の自分を知ることから
アートマに還ろう!
アートマは仏性・神性・本質
そう、あなた自身の本質

霊的・魂の話と自然治癒力

2017-06-15 12:53:30 | 自然治癒力

 

スピリチュアリティと世間の風当たり 2017・6.15

************************************

 ルルドマリア像 に対する画像結果

 

人間・この未知なるもの” の著者 アレクシス・カレルは 

ノーベル・生理医学賞を1912年受けた。

 

組織培養法を発見し,血管縫合術,臓器移植法を

考案して 現代医学の礎を築いた功績がたたえられた。

ところが、氏は、1904年に故国フランスを離れ、

アメリカ・カナダにわたっている。

その一番の大きな理由が、1902年に、巡礼団付き添い医師として,

キリスト教聖地、聖地ルルドを訪問した際、

重症の結核性腹膜炎の少女,マリ・バイイが聖水を浴び,

急速にその症状が回復した事実に遭遇したからだ。

そして、この時の事例を、「ルルドの奇跡」が実在したとして、

リヨンの医学会で発表。

  ルルドマリア像 に対する画像結果             

これが、きっかけとなり、医師仲間からは非科学者とそしられ、

実質的な医療活動が 故国ではできなくなったという背景があった。

カルル博士のような業績を残した医師でも ひとたび霊的な話を業績に

付け加えようとしただけで、いわゆる、バッシングを受けるのは、きっと

現代もあまり変わりないのかもしれない。

シャーロック・ホームズの名前を知らない人はいないだろう。

彼は、アーサー コナン ドイルが生み出した推理小説の中の有名な主人公だが、

この生みの親、コナン もまた、イギリスの王室からサーの敬称を

与えられたにもかかわらず、教会からは疎んじられる。 なぜなら、彼は

心霊学に傾倒して、キリスト教では人は救えないと背反的意見を述べていたからだ。

結局、小さな名も知られない教会の墓地に眠ることになった。

    

科学のみならず、文学の分野でも、なかなか霊的なことや魂の話を溶け込

ませて発表するのは、一般的には難儀なようだ。

私は宗教心理学研究会の末席にメンバーとして参加させていただいている。

自然治癒力を語るのには、人の神秘性や深い内面への気づきがかかせな

い。 

それは、日常と異なる宗教的次元の話になることから、自然治癒力もその意味で

宗教的心理が発端になっていると考えたからだ。 しかし、宗教 というと

特定の限られた集団の信奉する教えを指すと考えると、矛盾が出てくる。

宗教 というのは、ここでは、あくまで、人間の内面性への憧憬と探究、そして

本質を探る”教え”全体をさしている。

 

最近、研究会代表を務める先生とメールでこんなやり取りをさせていただ

いた。 それは、宗教というのはスピリチュアル という広範囲な捉え方で

呼ぶことができるか?という質問と、 心療内科設立者、池見博士が提唱

している信条(*注2)は 宗教心理学の分野として考えて良いかという確認

だった。

二つの質問に対して、肯定的お答えをいただいた。 が、心療内科でいう所

のスピリチュアル的提示の方法は、今後の課題となるだろう、というコメントも

頂戴した。

やはり、専門的学会や、学者集団の中で、魂や霊的な話はタブー視される風潮が

あるのかもしれない。

カレル博士がルルドのマリヤの奇跡によって、癒された少女の事実を認め、かつ 

医学分野の学会にその信念に沿った意見の提唱を試みたことは 勇気ある行動

だったような気がする。

 

カレル博士の心情を顕わした言葉をご紹介したい。

“祈りは人間が生み出しうる最も強力なエネルギーである

それは地球の引力と同じ現実的な力である

医師としての私は多数の人々が

あらゆる他の療法で失敗した後に

祈りという厳粛な努力によって

疾病や憂鬱から救われた例を目撃している”

 

カレル博士は

祈りがエネルギーであることを認識している。 普通、人は漠然と祈る。 祈りながら

心の隅で違うイメージが浮かんでいたりする。

が、本当に祈る時は、宣言になる

それは、祈りに信念がこもったとき。

大きな創造エネルギーが その瞬間放出され、対象物を引き寄せている。

だから、博士は 祈りを“現実的な力”と評している。 

地球の引力と同様の力だという比喩は、祈りが確信的だから言えるのだろう。

自分は治る と信じれば、本当に治るのだ。 本当に信じれば の条件

が付くけれど。 自分は成功するのだ~と本当に思い込める人はそうなる

し、恐怖心を持っている人には、その恐怖している対象がいつもその人に付きまとう。

祈りの一種である、想いの念は

”その対象を必ず引き寄せるエネルギーを持つ”という法則があるようだ。

その想いを心に常に持ち続けたり、興味ある方に話したり、伝えたりする。

そうして、きっと、類は類を呼ぶ法則のように、その思いに共鳴する人が次第に

集まり、その想いのエネルギーがまたさらに、違う人をひきつけ、雪だるま

のように少しずつ、大きな形を成していくのだろう。

 

ところで、私は、宗教心理学研究会でこのたび、自然治癒力と体験(アートマセラピー)

を、研究紙に発表させていただいた。  実証に重きを置くとを前提に、

宗教と心理の両分野の良い点を合体させながら、新しい学問分野を確立していく試みの

もと、すでにメンバーは95人になったという。

ほとんどのメンバーは大学で教鞭をとったり、一線で活躍されている学者の方たちである。

そうした状況下、私事の体験をもとに自然治癒力についての記事を、発表させていただいた

ことは意義深いものがあった。 お声をかけていただいた事に感謝だ。

少しずつでも カレル博士のように、勇気をもって、自然治癒力体験、

信念と体の関係、 そして、人間の本質が誠にスピリチュアルなものである

ということを発信し続けていければと改めて思った。

 

 

 若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 研究

引用部分: 1. 人間-この未知なるもの:アレキシス・カレル著,渡部昇一訳・解説,三笠書房(1992)

 

2.池見博士は人間回復を目指す医学のかなめは、むしろ、

  ”宗教と医学の出会い”だと、明言されている。

 

  心理学会でも人間回復の心理学(humanistic phycology)指針が池見博士の信条と重なる。

  それは、人間回復の医学に重要とする考え方と以下のような 共通項が見られる。

 1.  人は人間として全体的な総合性をもち、

   単なる部分(パーツ)の集合体ではない。

 

2.  人間は自分の意思があり、自ら選択する自由がある。 

   自由があることは責任を負うものでもある。

   それは生涯的事実であり、幼児期に個性が形成されるという

   決定論からははみ出す存在である。

 

3.  人間には気づきがある。

   知的解釈のみならず、体験的、直観的に把握される。

   気づきを考慮しない抽象的な心理学は 

   観念的になりやすく

   本来の人間の実態に反する。

 

4.  人間は身体と感情をもつ。 

   否定的・肯定的感情に限らず、身体と感情の関係、

   を見直しする必要性。

 

5.  人間は一人では充実した生活を送ることは困難だ。

   本当の自分を把握するには、他者との関わり合いぬきには難しい。

   “彼に実在を与えるものは他者である” というインドの詩聖タゴール

   の言葉の意味は真実である。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球のバイオリズム (4)ムー... | トップ | 3つの塔と鳩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。