自然治癒力セラピー協会 : Spontaneous Healing Therapy Japan:自分の体って?心って?

形而上的癒しは超物質の自分を知ることから
アートマに還ろう!
アートマは仏性・神性・本質
そう、あなた自身の本質

Univ. of Delhi 大学院で学んだこと(1)

2017-07-10 14:17:09 | ヴェーダの扉

ヴェーダの音楽と自然治癒力セラピー

************************************2017.7.10

今まで、自然治癒力について、いろいろ書かせていただきました。

セラピストの須田さんという見方が、日本では、協会関係の人たちには一般的です。

私自身はセラピストである前に 15年住んだインドでは、シターリストでした。

そして、その二つの顔の根幹に、不二一元説をもって、生まれながらの虚弱体質と

アトピー性皮膚炎を全快させた、一人の真実を求め放浪する精神的旅人の

素地があります。

 

実は、当協会のフェースブックには、海外の方がたまに、訪れています。

たぶん、spontaneous healing therapy japan という正式協会名称で

興味を持たれたのでしょう。

また、その中のおひとりからメールを協会公式メールアドレスにいただき、

“(記事)内容など、もう少し英語での情報がほしい”ということでありました。

そこで、今日は、この手元にある、インド時代、大学院に提出した博士論文を元に、

原稿を上げさせていただきます。

ここからそのまま、一部をリクエストに応じて、英文でフェースブックに載せるためです

日本語訳もつけますので、お付き合いくださいませ。

ちなみに、私は、(インド国立)デリー大学大学院の芸術学部で古典音楽を主体に、

インドの伝統美学と日本の美学の比較研究をしていましたから、

直接、ご紹介する当時の原稿は、自然治癒力セラピーとは

関係ありません。 

が、智慧のある読者の方ならお気づきと思いますが、実は、このインド古典音楽は

神にささげた聖なる楽曲であり、ヴェーダ哲学ときってはきれない関係があるのです。

そして、ヴェーダ哲学という、不二一元説を説く教えは、’形而上的癒し’=’spontaneous

 healing ’とこれまた、切ってもきれない関係があることから 当協会の主旨に関係深い

ことをご理解していただけると思います

********************

 インド古典芸術 に対する画像結果インド古典舞踊の印の切り方の数々:実際の瞑想でも使われる

 

 

Dr. S. N. Ghoshal says “When a realizer looks at the world, identical to him, in monism of the Vedanta philosophy. The concept rests in the very idea-I am nothing else, but verily He himself. Certain school of Indian aesthetics calls in the Karupa-rasa, on the relish of compassion.” He further mentions "almost all the major systems and cults of Indian philosophy and religion believe more or less, in the concept of Non-dualism.” (“Elements of Indian Aesthetic, volume 1,P.11 by S.N.Ghoshal published by Chaukhambha Orientalia, Delhi, 1978)

訳)S. N. Ghoshal博士は、述べている:悟った人の世間の観方は、ヴェーダ哲学の不二一元的なそれである。 この概念は、‘自分自身は究極的には、神以外の何者でもない’というものだが、他の、インド宗教哲学のほとんどは、この信念、つまり、一元的な概念を元にしていると言ってよいだろう。“

ここでは、ヴェーダ哲学はインド宗教哲学の基盤にその影響を多かれ少なかれ、見せている

というところがポイントです。

ところで’ヴェーダ’といつも簡単に4文字のカタカナで示しているこの言葉をもう少し、

専門的に、ここで、説明させていただきたい。

ヴェーダには4つのカテゴリーがある。リグヴェーダ(Rigveda)、ヤジュルヴェーダ

(Yajurveda)、サーマヴェーダ(Samaveda)、アッタラヴァヴェーダ

(Atharvaveda)の分類だ。

 

各ヴェーダは さらに、3つのパート、マントラブラハマンそしてウパニシャッド

呼ばれるパートにわけられる。

その大概は、マントラ(Mantras)は 讃美歌をメインに、ブラハマン(Brahmanas)

は、犠牲祭や祭りごとのしきたり方法、その際唱える真言などの詳細、ウパニシャッド

(Upanishads)には、ヴェーダを締めくくる最後の章として、そのヴェーダの教えの

本質が記されている。

ヴェーダンタ(Vedanta)という言葉は比較的よく聞くが、これは、ウパニシャッドを

もともとは指す言葉だ。

 

私がブログの中で頻繁に使う、ヴェーダは、このウパニシャッド哲学を指している。

ヒンズー教では、顔が像の神様や、舌を伸ばした女神様や、奇抜な神様の世界をイメージ

している方が多いと思うが、元々は、紀元前数世紀には完成していた、世界最古といわれる

聖典 これらの、ヴェーダ聖典を礎にしているのだ。 

多くの一般民衆は、理屈抜きで神様への憧憬で信仰心を深くするが、バラモン(僧侶)階級

の人たち(現代では必ずしも、職業が、僧侶とは限らない)や、教育を受けた人たちは今で

も、ヴェーダに親しんでいることがうかがえる。

たとえば、クリシュナとアルジュナの会話で知られる、“ギータ”は 幼稚園児から学校で

少しずつ、教えられ、慣れ親しむのだが、ギータそのものの内容は’小ヴェーダ’と言われる

ほど、不二一元論説をやさしく説いている。

 

私が、インド滞在最後の数年間、若いITエンジニアたちとともに会社で過ごしたが、

彼らにヴェーダの事について聞くと、その場にいた、4人の20代前半の若者は、

この4つのヴェーダの名前を、すべて、日本語カタカナで書いて、私に示してくれたのには

驚いた。

紀元前数世紀には、ヴェーダは確立されていたから、インド人の血の中に、祖先から祖先へ

と受け継がれてきた精神的文化的遺産かもしれないと思ったものだ。

例えば、日本の若者に、仏教の重要な経典は?と聞いても、4つすらすらと答えられること

は想像できないだろうし、神道の神様の名前は?と聞かれても、戸惑うだろう。

日本の精神文化はインドと同様深いものがあるのに、こうした側面はインドの若者の方が

豊かなような気がした。

 

Indian ancient sage Lord Shankara (Shankaraacharya),Who is said to have lived in India in the six century B.C., organized the monastic order that has been honored in India from time immemorial. Lord Shankara upheld the Vedanta philosophy and the non-dualism philosophy is expressed in his Sanskrit chant. Here are few verses from them, translated in Englsh.

 訳)さて、このヴェーダの不二一元論を確実に普及したのが、シャンカラアチャリア(Shankara acharya)である。紀元前6世紀の聖人と言われる。サンスクリット語のお経の中で、次のような内容を込めて、ヴェーダの神髄を唱えていたようだ。以下、英語で訳されたその詩の数行がある。

 

Mind, non intellect, nor ego, feeling,

Sky nor earth nor metals am I.

I am He, I am He. Blessed Spirit, I am He.!

No birth, no death, no caste have I.

Father, Mother, have I none.

I am He, I am He, Blessed Spirit, I am He.!

Beyond the flights of fancy, formless am I. 

Permeating the limits of all life,

Bondage I do not fear, I am free, ever free,

I am He, I am He, Blessed Spirit, I am He.

(:”Autobiography of an Yogi” by Paramahansa Yogananda, P.222 )

真の心とは、知性やエゴ、感情ではない。

大気の中や、土や金属から造られ(生まれ)たのではない、それが私。

私は神(創造主)、神は私、祝福に満たされた霊体、私が彼だ。

不生不滅の存在、カースト(社会的階級)に属さず

(物理的な)父や母はいない、

夢幻の世界を超えて、真の私には形はない。

息とし生けるものの命を満たし浸透しているもの。

束縛を恐れない、私は完全に自由だから。

私は彼、神だ、私は神、祝福に満たされた霊体、私が彼だ

 

ここでは神と訳したが、もっと深い言葉がありそうだ。

私はそれを、“the Substantial Existence in this world, the  power which penetrates the cosmos with love” と表現している。

”愛(繋げる要素)によって、宇宙を貫き繋げこの世に存在するものの本質的存在“

というように。 

さて、インド古典芸能全般にわたり、芸術家がヒンズー教徒であっても、イスラム教徒で

あっても、マイノリティーの宗教信者であっても、なぜか、彼らの表現する芸術は、

”神に捧げる“という大前提があり、踊りや楽曲は特に、歴史的に太古の昔からそうした

記録が残っていることもあり、これは暗黙の了解だった。

そして、神に捧げる ということは、結局は演じる側も鑑賞する側も、魂 でその芸術の

神髄を表現し、鑑賞するということだった。

“Substantial Existence in this world, power which penetrates the

cosmos with love”(上記)の対象、つまり、一般に神といわれる存在は、自分がインド

芸術とかかわっている以上、常に模索している対象だった。

そうこうして、自然治癒力とこの対象との関係、自己治癒とは? などの疑問が常に頭の中

を回り、巡り、今に至っているのだろう~と思う。インド古典芸術 に対する画像結果

 

 

 当時デリーにて;シタール演奏会

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のどこかで泣いている人... | トップ | Univ.of Delhi 大学院で学ん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴェーダの扉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。