”広島の果物屋”トド店長のひとり言

3代目のトド店長が、今日も美味しい果物を求めて東奔西走、果物の豆知識に旬の果物から新品種、はたまた雑感まで呟きまくり!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トド店長の独り言 みかん

2017-01-30 18:35:06 | 独り言

さらに、この欠点が致命傷になったのが、農薬問題でした。
青江早生を収穫する2~4週間前に、カイガラムシやハダニ類を防除するために石灰・硫黄合剤を散布していたのですが、雨の少ない瀬戸内海気候が徒(あだ)になって、雨が降りさえすれば落ちてしまう石灰硫黄合剤が果皮に白い筋となって残ってしまうことが多々ありました。
石灰硫黄合剤は、殺菌・殺虫に効果があるほか、果実の着色を促進し、さらに貯蔵力を増すのに効果がありました。
また、みかんの果皮を引き締めて浮き皮の発生を抑えるのにも有効でした。
その上、有機農産物の日本農林規格(有機JAS)に適合する農薬でもあったのです。
当時私は、強アルカリ性であることに注意しさえすれば、浸透性がほとんど無い比較的安全な農薬だし、残留していても拭いたり洗ったりすれば簡単に落ちるものなので、そのことを積極的に消費者に伝えていけば問題が無いのではないか、と思っていました。
しかし残念なことに、実際に採られた方法は全然真逆のものでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トド店長の独り言 みかん | トップ | トド店長の独り言 みかん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。