”広島の果物屋”トド店長のひとり言

3代目のトド店長が、今日も美味しい果物を求めて東奔西走、果物の豆知識に旬の果物から新品種、はたまた雑感まで呟きまくり!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いらっしゃいませ その9 「ワックス」

2016-12-20 18:13:37 | いらっしゃいませ
いらっしゃいませ。

おや、お久しぶりですね。

今日は何に致しましょうか?

リンゴですか?

確か酸味のあるのがお好きだったですよね?

でしたら、こちらの紅玉か、ジョナゴールドですね。

え?紅玉は小さすぎるし、ジョナはワックスが掛かっているから嫌ですって?

でも、このジョナがピカピカ輝いているのは、リンゴ自体が持っている天然のワックス分なんですよ。

ええ、そうですね。

確かに、シーズンはじめのジョナは、こんなにピカピカしていませんよね。

でも、その頃のジョナは、果皮の表面に白い粉が付いていますよね。

これが天然のワックスなんですよ。

最初の頃のリンゴのワックス分は、針状結晶といって針のようにとがっているので、光が乱反射して白く見えるんですよ。

で、リンゴの種類によっては、たとえばジョナや北斗などは、時間が経つと果肉内にオレイン酸やリノール酸などの脂肪酸が出来るんですよ。

この脂肪酸は、いわば油なので、果皮ににじみ出してきて針状結晶のワックス分を溶かしてしまいます。

溶けたワックス分は平になって光を正反射するので、ピカピカ輝いて見えるんですよ。

**次回に続く**




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いらっしゃいませ その8 ... | トップ | いらっしゃいませ その10... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。