死別シングル奮闘記

夫の死を乗り越えて2人の子供と頑張って生きる母の日記です

在宅酸素父、2回目の旅行~宿決定まで

2017-07-12 09:18:47 | 
去年の11月に在宅酸素をやっている父を連れて、温泉旅行に行きまして。
父は結構疲れたみたいだったので、もう、次は温泉旅行は無理かなぁなんて言ってました。

今年になってから、3月ごろにちょっと体調を崩し、すっかりやせてしまった父。
あまり食事が進まないようです。これはまた旅行は無理かなぁなんて言っていたのですが。

そんな父が突然、「また温泉に行きたい!!」と言い出しまして。
父が行きたいなら行きます、どこでも連れて行きます。
でも、酸素をやっている以上、制限もありますし、温泉も大浴場は衛生上無理だし、もしも大浴場で転倒したりしたら助けられないし。
あとは大きすぎるホテルだとホテル内の移動も大変だし、だからといって部屋食は布団のあげさげで埃が立つと嫌だし。
などなど、注文は多いので。
結局宿泊先として選ぶ条件としては
・部屋に露天風呂があること
・ワンフロアーの宿
・食事は部屋食ではない
そして、最近めっきり足腰も弱っているので
・寝具はベッド
という条件も追加になりました。

そこで色々探して見つけたのが、奥日光ゆの森さん
上記の条件を全て満たし、なおかつ実家から行きやすい奥日光。
東北道でバビューンと1本です。

ということでここを予約することにしたのですが、両親と姉夫婦、そして私の5人だと、泊まれる部屋がありません。
1部屋の定員が4名までということで、
両親はバリアフリーの部屋(ベッド)
残りの3人は和室という組み合わせ。

予約もばっちし、酸素の運び込みもOKということで、あとは酸素業者に連絡です。

酸素業者のお兄さん、前回の旅行のときとは担当が違って、連絡してもなかなか手配してくれずに、ちょっとヤキモキしました。
忘れてました、じゃ済まない話ですからね。結局旅行までの間3回くらい連絡して、やっと栃木の担当者から連絡をもらえることになりました。
(この旅行の直前、また担当者が変わりました。)
酸素の機械の運び込みと交換用のボンベを2本お願いしていたんですけどね、栃木の担当者には機械の手配の連絡しか来てなかったようで、直前に連絡が取れてよかった。
取れなかったら交換用のボンベがないままになって、急いで帰らないといけなくなるところでした。

と、いうわけで宿の手配、酸素の手配OKで、出発です!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浪人生息子の6月の記録 | トップ | 在宅酸素父2回目の旅行~宿到... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。