死別シングル奮闘記

夫の死を乗り越えて2人の子供と頑張って生きる母の日記です

久しぶりのバトル

2017-04-24 08:51:59 | 
この週末久しぶりに娘とバトル

原因は

リビングに脱ぎっぱなしの靴下

それを注意したらキレられまして。はい?って感じなのですが。

いや、片付けられない私が言うのも何なんですが、カノジョの片付けられない度は半端なく。
まず、帰ってきて部屋にかばんを持っていかない。リビングに置きっぱなし。
リビングの隅で教材の入れ替えをする→前日の教材がリビングに置きっぱなし。それも床。
そして、前日の部活の服もおきっぱなし。靴下は通学用と部活用と2足、置きっぱなし。
注意してもだめ。

そのくせ、お出かけには「あの服はどこ?」「出して」と言い出す。
お前がしまわないから私がしまってるんだよ、といいながら出す。
でも、結局他の服を着て出してあげた服を廊下に放置。
なので、彼女の部屋に移動する→あとでわざわざリビングに持ってきて放置。

そのあたりを注意したら、人のことを小ばかにしたような態度を取り
「あー、そうですね、お母様は偉いから」とか「片付けもできない馬鹿ですいませんねぇ」(ほんとだよ!!)
などと言い出す。

しまいには「おまえなんか嫌いだ」「うざい、消えろ」などと、まるで中学生のような暴言。

はぁ、むかつくから口もききません。

それで土曜日は結局大会に行くのにけんかをしてしまった親には送迎も頼めず、朝5時ごろに出て徒歩1時間かけて行く羽目に
別に送らないとは言ってないんですけどね。
いってきますもただいまも言わない。

そのくせ、土曜日の夜に「前髪が伸びたから切って」と言ってくる。
よくわからない神経です。で、きってあげたら
「ちょっと、けんかしてるからってこんなにひどい切り方しなくてもいいじゃないのよっ!!」と怒ってくる。
え?普通に切ってますけど。
「斜めじゃないのよっ!!!もう一回ちゃんと切って!!」
あの、すいません。いくら喧嘩してても、髪をわざと下手にカットするなんていう技術、私持ってませんから。
やるなら前髪切りすぎてなくなっちゃったって言う芸能人みたいにしますよ。
微妙な意地悪できるはずがないでしょう。
それで結局もう一回やってあげても「もう、サイテー」「人としてどうよ」的なことも言われ。
もう、口もきいてません。

はぁ、こんなの書いても何の解決にもならないんだけどね。
もう、やだよー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜の母との別れ | トップ | 浪人生 息子の4月の記録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事