ポン吉の島巡り・スケッチ・コンサート(単身赴任の一人遊び)

愛知県岡崎市在住。単身赴任先の広島、神奈川、千葉、東京で書いてきたスケッチなど投稿していきたいと思います。丹波篠山出身。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

島巡り びっくり写真

2017-04-24 08:31:02 | 島巡り スケッチ

瀬戸内の島巡りで散策していると、時にびっくりする光景に出会います。
いずれも10年前の写真ですが、この写真は、岩国市の沖合いにある猪子島で撮影したものです。
水陸両用の軽自動車?(笑)
スロットマシンのおまけ付き!

こちらは、福山市の沖合いにある、走島。
軽自動車の運転席に何故か枯れ木が満載!
写真とは関係ありませんが、島にあるバイクや自動車の大半はカギがついたままになってました。どろぼうがいない平和な町ということでしょうね。

そしてこちらは、同じく走島。
廃船置場なのでしょうか?
きれいな水の中にいくつもの廃船が横たわっていました。こんな光景は初めてだったので、びっくりすると同時に、廃船に「お疲れ様でした」という気持ちになりました。

こちらは、音戸の瀬戸の渡し船です。
音戸大橋が見えています。
前を行っているのは、松山港行きの高速船です。
この海峡を通る時ばかりは、高速船でも超低速での運航です。
でも、波は発生しますので小さな渡し船は、その波を避けながら向こう岸に向かいます。

いろんなサプライズやら、島の人たちの素朴な人情や、息を飲むような景色に出会える瀬戸内の島巡り。

島のおばあちゃんと二人っきりの小さな船の中でおばあちゃんから「おにいちゃん、どこの家の人?」と話しかけられたことがありました。
こんな船に乗るのは島の人だけで、観光客が乗ることは皆無なので、「あなたは島のどの家の息子なのか?」という問いかけなんだと理解しました。

また、ある島で、昔の舟を展示してある展示場に入った時、受付のおばさんとおじさんが10時のおやつ?で小分けにされたメロンパンを食べておられました。ここでも声をかけられ、「お兄さんも食べていきなさいよ」との事。お茶とパンをご馳走になりました。

また、別の島ではバス停でバスを待っていたら、軽トラが目の前で止まり「しばらくバス来ないだろ。乗っけて行ってやるよ」
目的地の港までおじさんに乗せてもらいました。純粋な人情に今でも出会える瀬戸内の島々。
満員電車の中で押した押さないで口喧嘩になる東京に住んでいると島々の人情に触れたくなったりします。

定年後に再度ゆっくり時間をかけて巡りたと思っています❗
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 港区芝 増上寺 | トップ | 広島島巡り 大崎上島と契島(... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
瀬戸内の島々 (ゆり)
2017-04-24 10:50:16
こんにちは。

こちらでは全部の島の様子が拝見できそうですので、とっても楽しみです。
地図を拝見しながらゆっくりと瀬戸内を回りますね♪
3億円強奪しても、海では簡単に逃走できないだろうな・・・
なんて考えてしまいました
さて、こちらもまたお仕事始動です。
ありがとうございます (ポン吉です)
2017-04-24 11:05:59
ゆりさま
コメントいただきありがとうございます。
そうですね。島ではどろぼうしても簡単には逃げられませんよね(笑)
一年かけて39の島を巡りましたが、あまりスケッチも、写真も無くてそろそろネタ切れです、、、。
Unknown (PeachJello)
2017-04-26 01:07:06
はじめまして。
すごく牧歌的な風景ですね。お水も綺麗。かなり昔岡山に住んでいたのですが、やっぱり山陽は人がおっとりしてていいです。
Re:Unknown (teruponponkichi)
2017-04-26 06:07:06
ポン吉です。
コメントありがとうございました。
おっしゃる通り、山陽は人が良いですね。
広島の人もやさしい人がとても多いと思っていました。これからもよろしくお願いいたします❗

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。