ひまわりの樹

ひまわりの様に
太陽に向かって
素直に咲いて
いきたいです。

屋久島に行ってきました(NO.2)

2017-06-18 22:53:54 | 旅行
今回のツアー 縄文杉トレッキングコースと屋久島観光コースの 

どちらでも選べるプランだったので

友達はトレッキング 私は観光を選び 

2日目は別々に行動する事に

観光は24人中3人だけなので タクシー観光

70代ご夫婦とご一緒させてもらいました

気さくな方で すぐに溶け込んで楽しい旅が出来ました

タクシーの運転手さんも

色々な話をして下さり 贅沢な観光ができました


最初は紀元杉

紀元杉 樹齢約3000年  周囲8,1m  高さ19,5m

すごい巨木に圧倒 

   
 
触ることが出来ると聞いて 触ってみました

地底に引っ張られる感じで地底のエネルギーを感じました

屋久島は火山の地下深部でマグマが固まった花崗岩が隆起した島

3000年前の杉 島全体が地下で繋がっているのでしょうね


  
川上杉 樹齢2000年  周囲8.9m   樹高27m

樹齢2000年になるのに木の上の方まで葉が生い茂って 勢いのある杉

タクシーの運転手さんが以前 

末期ガンの患者さんが「勢いのある杉の所に連れて行って下さい」と

言われ連れてこられたのが 川上杉

気を感じる人で 

その後ガンが治り元気になってこられた事を教えて下さいました

自然のエネルギーすごいですね その方も信じ切ったからでしょうね


 
ヤクスギランド(30分コース)
  
くぐり栂

先ほど降った雨でいい感じ 

水滴でキラキラしている森が見れて 感動

屋久島は雨が降って生きる島だと思いました
      





  
ヤクスギランド 太古の大自然が織り成す緑の森

ジブリの世界に入り込んだ30分でした



屋久杉自然館





縄文杉の 『いのちの枝』

平成17年に折れた縄文杉の枝 数千年を生きた巨木の生命力

木に触ることができたのです  感動

縄文杉トレッキングの方は今は縄文杉には

触れることが出来ないのに・・・

貴重な体験できました

枝なのに1本の木ぐらいの大きさ

床には縄文杉の株の大きさを形度っていて

幹の太さにびっくり 

頑張って行ってみる価値があると思いました



館内の写真で縄文杉そばに行った気持ちになりました


花崗岩の上で育った屋久杉 普通の杉より年輪の間隔が狭い


ここの部屋では一人になれたので屋久杉に抱きつくていました

屋久杉自然館で屋久島の事が色々勉強できました



別館 「屋久杉の館」

つくば博に出展した巨大根株




中間ガジュマル

神秘に満ちた姿   
  
対岸のガジュマルも見事


フルーツガーデン

ガジュマルの奥にフルーツガーデンがあったので

コースには入っていなかったですが 連れて行ってもらいました

ここからカメラの電池が少なくなったマークが

写真を思い存分 撮れなくて残念


南国に来た感じ  ハワイの植物園を思い出しました

ガーデン内を案内してもらい

最後に ここで採れた5種類の果物を頂き500円 安い

美味しかったです  

連れて来てもらった 運転手さんに感謝です



大川の滝(おおこのたき)
  
落差88メートルの滝

晴れが続いていたので滝の勢いが少しで残念

滝壺まで行きたかったのですが 

さっき降った雨で石が滑るので諦めました





西部林道

約20キロの林道のうち15キロは世界自然遺産地域で

海岸から山頂まで人の手が加わっていない森林が続いています

また屋久島鹿や猿が出てきて

人馴れしているのか 逃げようとはしないで こちらを見ています

タクシー降りて15分位林道を散策

誰もいなくて3人で道いっぱいに歩いて

ここでも屋久島の大自然のエネルギーを感じて癒されました



トレッキングに行っていた彼女も頑張って縄文杉登山できバンザイ

よく頑張ったね 

私より年上の方もみなさん頑張って登山できれたそうです 凄い

2日目の夕食

魚ばかり  魚 苦手な私はチョット・・・

2日目無事 終わり感謝         つづく









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屋久島に行ってきました(NO.1) | トップ | 屋久島に行ってきました(NO.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。