ももきよ日記

記憶の彼方へ消え去る前の雑記帳でございまする。。

やっぱり黒はいい。。

2011-02-03 13:39:56 | 茶道・茶の湯





ご縁があって、京都奈良屋さんから、黒楽茶碗(2010年8月)と赤楽茶碗(12月)を購入しました。

まあ安くはないけれど、手に届く「高級品」とでも言いましょうか。 家族は、高い! というけれど、、何十万、ましてや、ん百万じゃないでしょう!! と切り返す私。

工場で大量生産されたものでなく、一つ一つ手作り、「職人さんの命が通ったもの」を、日常生活の中で、自分のために使う精神的贅沢!!

何とも言えず、気持ちの良いものです。

一服したい時は、キッチンで、自分で点て、そして頂く。。 バックヤード(裏庭)に広がるカリフォルニアの、ノンビリしたド田舎風景を眺めながらー。

落ち着きます。。 これだけでも、お茶を習っている授業料は、元はとっている、、と思います。

さて、、

赤楽茶碗、黒楽茶碗、、交互に使って、それぞれに良さはある、と思うのですが。

例えば、「赤」は、やはり、明るさとのびのびとした自由さがあります。 「黒」は、シンプルであって同時に深さを感じます。

それも、とてつもない深淵です。

「素朴さ」というのは、もしかしたら、宇宙規模の「大きさ」ではないでしょうか。

それから、私の持っている黒楽は、「長次郎 禿(かむろ)写し」というのですが、赤楽 「幕釉」と比べて小ぶりです。

この「小ぶりさ」が、私の手のひらにすっぽりとおさまって、茶碗の温かさが、ズンズンと、愛の深さのように伝わってきます。

そして、もちろん、飲みやすい、点てやすい。

私は、今から心配しています。 これ以上のものに出会えるのかしらん、、と。

茶碗の色は、真っ黒でなく、「カセ色」。

黒と言ってもいいのですが、これらの色は、誰がどう言おうと、抹茶の色と合いますね。 究極の相性と言いましょうか。。

先日、お茶の稽古で、我が師が、師の黒楽茶碗で、お濃茶を練ってくださいました。

その時、生徒は私一人でしたので、先生の分・私の分2人分を。

濃茶用の抹茶を、2人分7グラムを目安に、、 出来上がったそれの味合いは、濃過ぎず薄過ぎず、程良い濃さで美味しかったのですが、

見事さは、それだけなく、黒楽茶碗・お濃茶の「黒」と「緑」の美しさでした。

二人で、やっぱり、「利休さんは凄い!」と語ったことでした。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和菓子7・8 (福寿柿・栗牡丹) | トップ | 戻って来たカメラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

茶道・茶の湯」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。