大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

フェイスブック、契約企業に最低賃金アップを求める

2015年05月19日 | 日記

 2015年5月12日(火)、フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(最高執行責任者)は契約企業(従業員25人以上)に対し、労働者に時給15ドル以上(1800円:1ドル=120円で計算)、年15日以上の有給休暇、育児休暇を取得しない両親に対する4千ドル(約48万円:1ドル=120円で計算)の子ども手当、を支給することを求めると発表した

 ホワイトハウスはこれを称賛するコメントを発表。米英の主要メディアの多くもこれを好意的に報道した。

 日本ではあまり知られていないようなのでここに書いておく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加