大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

オバマケア改廃案、今週木曜日に下院本会議で可決の見込み

2017年03月20日 | 日記

 WSJ(2017/3/20)によると、オバマケア改廃の中心となっている共和党のライアン下院議長は、現在の法案を修正してとくに50代と60代の負担を軽減する必要を認めた。

 WSJは、法案は一部修正されたうえ、今週の木曜日(3/23)に下院本会議で可決される見込みと伝えている。

 上院では共和党から二人の造反者がでると法案が通らないが、上院には大統領選挙でトランプ氏にひどい中傷を受けたルビオ氏やマケイン氏をはじめ下院案に否定的な共和党議員が多い。

 最終的にどのような形で法案がまとまるか引き続き注視していきたい。

★ 2017/3/22追記

 おもな修正内容は、(1)貧困層むけの公的医療保険メディケイドの受給資格に「働いている」という条件を付ける権利を新たに州に認める、(2)年齢ごとに決められている定額の税額控除(補助金)を上院が修正できる余地(ファンド)を設ける、といったもの。

 この修正案の(2)の部分に対し、もともと税額控除(補助金)の完全撤廃を求めている下院の保守強硬派(自由コーカス)が強く反発。

 自由コーカスは木曜に予定される下院本会議で、修正案に反対するとしている。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議会予算局(CBO)が、トラン... | トップ | フィンランドは高税率、高福... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む