大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

アメリカ経済は今年2月がピークだったのか?

2017年07月18日 | 日記

 アメリカのいくつかの重要な経済指標が今年2月前後をピークに低下を続けている。

 インフレ率平均時給新規失業保険申請件数小売売上高などである。

 

 単位:%                                          出所:U.S Census Bureau

 上は、アメリカのGDPの7割を占める小売売上高(季節調整値)の前年比の推移をグラフにしたものである。

 トランプ大統領の就任式があった今年1月をピークに急速に対前年増加率が落ち込んでいることがわかる。

 2月以降、トランプ氏への期待が徐々にはく落し、それとともに実体経済も勢いをなくしているようにみえる。

 このまま減速が続いていくのであろうか? 

 あるいは米経済のファンダメンタルズに変化はなく、ほどなく上昇基調に戻っていくのであろうか?

 先にあげた4つの指標をふくめ米経済の動きを注視していきたい。

 なお、7月にはアマゾンのプライム祭りがあり、他の米大手小売も対抗して大がかりな安売りをおこなったという特殊事情があるので7月の小売売上高(8月発表)をみるときは若干の注意が必要である。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オバマケア改廃案の投票延期 | トップ | 上院、オバマケア改廃案がとん挫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む