大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

日産ミシシッピ工場で組合承認選挙

2017年07月15日 | 日記

 ニューヨーク・タイムズによれば2017年7月13日(木)、UAW(全米自動車労組)はNLRB(全国労働関係局)に、日産ミシシッピ工場での組合承認選挙の申請をおこなった。

 UAWは、1989年と2001年にも日産テネシー工場で組合承認選挙を申請したが、どちらも過半数の支持を得ることができなかった。

 現在、南部には多くの海外移転工場(トランスプラント)が進出しているが、これまで組織化が成功したのはVWテネシー工場の熟練工のみ。

 投票は7月31日(月)と8月1日(火)の二日間おこなわれる予定になっている。

2017年8月6日追記

 オートモーティブ・ニュースによると、8月3日と4日に投票がおこなわれ2244対1307の大差でUAWが否認された。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米上院、オバマケア改廃案の... | トップ | アメリカにおける携帯電話の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事