大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

日本郵船が特別損失約1950億円を計上

2016年10月07日 | 日記

 2016年10月7日(金)、日本郵船は第2四半期決算に約1950億円の特別損失を計上する見込みになったと発表した。

 2016年8月31日には韓国の韓進(ハンジン)海運が経営破たんして世界中で大きなニュースになったが、今回のニュースで再び海運不況に世間の注目が集まりそう。

 ここで気になるのがドイツの銀行。あまり知られていないが、ドイツは海運業への世界最大の投資国である。ドイツの銀行と個人は、融資や投資ファンドをつうじて世界のコンテナ船輸送能力の約29%を保有し(WSJ日本語版)、ドイツが海運業界にもつ債権は1000億ドル(10兆円:1ドル=100円で計算)に達している(Reuters)。なにかと話題になるドイツ銀行も、海運業向けに5-60億ドル(5-6000億円)の債権を有しているとされている(Reuters)。

 中央銀行の異次元緩和により欧米の株価は史上最高値圏にあるが、経済実態とのかい離が一部ではあるが目立ち始めている。海運不況はそのひとつ。

 気になることがひとつ増えた。

ジャンル:
経済
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伏見の利き酒 | トップ | サムソンNote7の失火原因 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご登録有難うございます (ケンスケ)
2016-10-08 07:17:50
経済にに疎いものでこちらで勉強できればと
読者登録させて頂きました
よろしくお願いいたします
Unknown (Unknown)
2016-10-08 09:49:22
読者登録ありがとうございます。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む