大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

4月の米CPI(物価指数)が大きく低下: 中古車価格の低下めだつ

2017年05月14日 | 日記

 米労働統計局は2017年5月12日(金)、4月のCPI(消費者物価指数)が先月より0.18%低下し2.2%(年率)になったと公表した。

 変動の激しいエネルギーと食料を除いたコアCPIも、0.12%低下し1.88%となり、2015年10月以来はじめて2%を下回った

 とくに目立つのが中古車価格の低下である。

 今年に入って中古車価格は低下が続いていたが、4月はとくに-4.6%(年率)と大きく落ち込んだ。

 前にも書いたがこの背景にあるのが、販売台数をかせぐためこの数年間におこなわれたリース販売(数年後に一定価格で買い戻す特約つきの販売)とフリート販売(レンタカー会社への安値での大量販売)である。

 こうして売られた車が大量に中古車市場に出回り、中古車価格を引き下げている。

 中古車ほどではないが、新車販売価格も今年に入って低下基調が続いている。

 今後数か月、ガソリン価格も上昇縮小がみこまれており、CPIは軟調に推移する可能性がでてきた。

 ただ、先週に発表された生産者価格(PPI)と輸入価格はドル安の影響などで上昇基調をたもっており、どちらの影響が強くでるかはっきりとはわからない。

 ひきつづきアメリカの物価動向を注視していきたい。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫カフェ町家 | トップ | アメリカで失業保険の新規申... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む