大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

トランプ大統領、ふたたび発言を修正: 衝突の両側に責任があると発言

2017年08月16日 | 日記

 2017年8月15日(火)、ニューヨークにある自宅トランプタワーに戻ったトランプ大統領はふたたび発言を修正し、ヴァージニア州シャーロッツビル市で生じた大規模な衝突について、白人至上主義者とともに抗議側を非難する発言をおこなった。

 トランプ氏のおもな発言は次のとおり。

 「私は両側に責任があると思う」

 「アルト・ライト(アルタナティブ・ライト=極右がイメージアップのため作った自分たちの名称)が手にクラブを持って振り回していたとして、それが何か問題なのか?」(以上:2017/8/16 Financial Times) 

 「私はネオナチを批判した。私はいろいろなグループを批判したが、それが全部ネオナチ、白人至上主義者というわけではない

 「(抗議側は)暴力的にほかのグループを攻撃した」(以上:2017/8/15 New York Times

 トランプ大統領が月曜日に白人至上主義者たちだけを名指しで批判したことに対しては、インターネット掲示板ブレイトバートで強い批判が巻き起こっている。

 発言修正は、こうした批判も影響したのかもしれない。

 トランプ大統領は、FOXニュースやブレイトバートに載った独自ニュースをよくツイッターで取り上げており、それらのメディアをよく見ている。

 トランプ大統領の今回の発言修正には、すぐさま強い批判が巻き起こっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加