画伯 須田珙中 ~水戸好文亭の襖絵と画伯の生涯~

水戸好文亭の襖絵で知られる画伯、須田珙中の生涯を紹介します
※掲載画像・文章の無断複製および転載を禁ず

松宮輝明・正岡子規の福島俳句紀行を行く(1) 白河編

2017年08月08日 | 子規の果て知らずの記は反古に、福島での足蹠を検証

正岡子規の「果て知らずの記」の草稿は、子規没後,大正2,3年頃、福島県の部分は反古になってしまいました。(寒川鼠骨識)
そこで、根岸の「財団法人子規庵保存会」の理事奥村雅夫先生、伊予松山の松山市立「正岡子規記念館」の学芸員平岡瑛二先生の助言をいただき、福島県内の子規の足蹠を検証してみました。


福島民友新聞社掲載
平成22年8月25日(水)






◎正岡子規が一高時代に野球に興じた上野の山の野球場(子規記念球場に建つ句碑)



◎正岡子規が白河駅に降り立ち、結城城の三重の塔を訪ねたと書き残している。結城城には三重の塔は歴史上は無かった。
子規は、白河領総鎮守鹿島神社に建つ三重の塔を見たのです。
三重の塔は、明治37年の大風(台風)により倒壊したと云われている。(写真は蒲生羅漢筆)



◎鹿島神社に建つ三重の塔の案内表示


◎結城時代の白川城址


◎白川城の天守跡


◎結城城搦目手門下にある感忠銘、白河藩主松平定信公の碑文


◎白河市天神町の天満宮にある子規の句碑「夏木立宮ありそうなところかな」


阿武隈時報新聞掲載
平成20年1月18日(金)




阿武隈時報新聞掲載
平成20年1月19日(土))



阿武隈時報新聞掲載
平成20年1月21日(月)



阿武隈時報新聞掲載
平成20年1月22日(火)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松宮輝明・戊辰戦争の激戦地... | トップ | 松宮輝明・正岡子規の福島紀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。