画伯 須田珙中 ~水戸好文亭の襖絵と画伯の生涯・ 松宮輝明「戊辰戦争の激戦地を行く」・「戦前・戦中・戦後を生きる」

水戸好文亭の襖絵で知られる画伯、須田珙中・戊辰戦争・太平洋戦争を紹介します
※掲載画像・文章の無断複製および転載を禁ず

松宮輝明・正岡子規の福島俳句紀行を行く(3)郡山編

2017年08月10日 | 文化の町郡山での子規
福島民友新聞掲載
平成22年9月1日(水)






◎子規の病床を見舞い交友が深く、郡山の俳句に貢献した今泉丈助
丈助は郡山の名主検断の生まれ俳号を「桐舎」と称しました。



◎郡山の俳人今泉桐舎の子孫宅に残されている掛へ軸。中央が子規、右上から内藤鳴雪、河東碧梧桐、左上から坂本四方太、高浜虚子



◎子規が郡山の駅前に泊まった「和久屋旅館」ここより伊予松山の河東碧梧桐に手紙を書き送りました。


◎戦後昭和40年頃の「和久屋旅館」


◎子規が早朝浅香沼を見ようと訪ねたのは、1里半の地点の宝沢沼でした。


阿武隈時報新聞掲載
平成20年1月31日(木)





阿武隈時報新聞掲載
平成20年2月1日(金)




阿武隈時報新聞掲載
平成20年2月2日(土)




阿武隈時報新聞掲載
平成20年2月4日(月)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松宮輝明・戊辰戦争の激戦地... | トップ | 松宮輝明・正岡子規の果て知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文化の町郡山での子規」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。