フォトギャラリー種差海岸《西澤照光のフォトブログ》

ライフワークとして撮影中の三陸復興国立公園・種差海岸の四季情景を中心に紹介。

★種差海岸に咲く花 ~ミゾソバ(溝蕎麦)~

2014年11月07日 14時02分27秒 | 渚の花図鑑(9・10月)


   ☆ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科  タデ属   撮 影 9月15日  大須賀

   ◎田んぼや水辺など、湿った所に群生する多年草。葉は長さ4~10cmで「鉾形」。花の色はピンク又は白。
   ◎和名の由来  溝に生えるソバに似た葉と言う意味。別名「牛の額」、葉が牛の額の形に似ていることによる。  
   ◎花 言 葉  「風変わり」「純情」
   ◎花   期   7月~10月


この記事をはてなブックマークに追加

★種差海岸に咲く花 ~アカバナ(赤花)~

2014年11月01日 13時57分06秒 | 渚の花図鑑(9・10月)


   ☆アカバナ(赤花) アカバナ科  アカバナ属   撮 影 9月16日  釜の口

   ◎山地の水湿原に生える多年草。葉は対生し、卵状楕円形。縁に鋸歯がある。茎の上部に直径1cmほどのピンクの花が咲く。花弁は4個。
   ◎和名の由来  花が終わった後、茎や葉が赤く色づくことからこの名がついた。
   ◎花 言 葉  「集中する」
   ◎花   期  7月~9月

この記事をはてなブックマークに追加

★種差海岸に咲く花 ~ミズヒキ (水引) ~

2014年10月31日 15時12分53秒 | 渚の花図鑑(9・10月)


   ☆ミズヒキ (水引) タデ科   タデ属   撮 影 9月14日  淀の松原

   ◎林の縁などに生える多年草。
   ◎和名の由来  花穂を上から見ると赤く、下から見ると白く見える。これを紅白の水引にたとえて、水引の名がついた。
   ◎花 言 葉  「慶事」「祭礼」
   ◎花   期   8月~10月

この記事をはてなブックマークに追加

★種差海岸に咲く花 ~ナガボノシロワレモコウ(長穂の白吾木香)~

2014年10月31日 15時10分24秒 | 渚の花図鑑(9・10月)


   ☆ナガボノシロワレモコウ(長穂の白吾木香) バラ科  ワレモコウ属   撮 影 9月1日 中須賀

   ◎山野のやや湿った草地に生える多年草。
   ◎和名の由来  白色の花穂をつけるワレモコウの仲間の意味。
   ◎花 言 葉  「甘えんぼ」
   ◎花   期   8月~10月  

この記事をはてなブックマークに追加

★種差海岸に咲く花 ~イヌホオズキ(犬酸漿)~

2014年10月31日 09時50分08秒 | 渚の花図鑑(9・10月)


   ☆イヌホオズキ(犬酸漿) ナス科   ナス属   撮 影  9月1日  大須賀

   ◎道端や林内などに生える1年草。
   ◎和名の由来  葉がホオズキに似るが、ホオズキでは無く、役にたたないことからこの名がついた。別名「ウシホオズキ」や「ヤマホウズキ」ともいう。
   ◎花 言 葉  「嘘」「嘘つき」
   ◎花   期   8月~10月

この記事をはてなブックマークに追加