Kids COMMUNICATION FACTORY & TEAM-KCF

サークル活動からRCや趣味まで、アレコレお送りするブログですw

初夏の有馬温泉でワイワイと♪ (その4)

2017-07-17 00:31:07 | 旅行
ちょっと更新開いちゃいましてスイマセン^^;;

さてさて~宿の3カ所、温泉巡りを楽しんで~サービスのグラスビールでほろ酔い?気分♪

酒の力か?楽しさなのか?言うまでもないワイワイメンバーによる笑顔絶えない温泉旅^^

いよいよ~夕食のお時間で!




今回は洋室に宿泊したことから、部屋食ではなく食事処へ~♪

「お久しぶりです♪」と声を掛けてくれたのは食事処の仲居さん^^

どうやらスタッフさんが1人先月で辞めてようで・・・たぶん男性の方かな?って思うんですが^^;;残念><;

それでも私を覚えていてくれる仲居さんが居るだけでも嬉しくなるものです♪

一方で、新しいスタッフさんも~今後とも宜しくお願いします^^



そんなワケで宿の夕食「朝顔」を頂きたいと思いますハイ♪


 

《食前酒》白桃酒
香り豊かな桃のお酒で、サラッとしていて飲みやすい~と思うも、そこはしっかり「お酒」な味わいで、良くある宿の食前酒よりも度数のある飲み応えある食前酒^^
キリっとしていて、この後の食が進みます♪

《特別料理》お赤飯
コレ、お品書きにも書いていないものなのですが・・実は今月teruの誕生日でして♪
宿の方がお祝いにと準備してくれたお赤飯^^
モチっとした歯ごたえの、しっかりしたお赤飯を食べてのお誕生月のお祝いを楽しむことが出来ました!

 

《先付》酢味噌和え
鱧(ハモ)落し、トマト豆腐、水前寺のりなどが盛られた器で、中心下部に酢味噌が添えられ、旬の鱧を頂きます^^
骨切りが上手く骨が全く気にならない鱧は、程よく氷水で〆られて旨味十分、歯ごたえも優しいもの。
トマト豆腐は例年になく「トマト味」で、手作り感を感じるしっかりした一品として器を飾ります^^
淡水の海苔である水前寺のりは、板状のものを戻した感じのもので、コレもまた酢味噌と良く合う1品でした。

《八寸》盛り合わせ
ホオズキの下には紅鮭赤米寿司、山桃水晶羹は種が入ったしっかりした山桃の味を味わえます。
海老松前酢漬はサイマキ海老(車エビの子供)の軟らかく甘い味わいを酢漬にすることで更に味わい深いものに♪
子タコの中には毎度お馴染みのウズラの玉子^^
西京焼きは鱸(スズキ)で、旨み良く辛さを感じないもので酒にも良く合う味わいで♪
小鉢に入るイカ、三度豆、赤蒟蒻の雲丹酢和えは、少し主張が薄く和え物ながら素材の味が調和しきれていない感じも。
それでも八寸の器全体のバランスが良く、酸味を上手く使った夏らしい器でした♪

 

《御造》4点盛
明石の鯛、明石の蛸(タコ)湯洗、マグロ、子持昆布と並ぶお造り盛合せ
湯引きされたタコはミディアムレアで甘み十分、軟らかく仕上げられた逸品^^
鯛は引き締まった身で、明石海峡の波に揉まれたしっかりした旨味感じるものでこれもまた兵庫を感じられるもの♪
味わい強い赤身のマグロは、淡白な鯛や蛸を味わうべく少し小さく、夏を感じるキュウリの飾り付けと共に食すと丁度良い旨みとして器全体のバランスをとっているように感じます。
子持昆布は塩加減丁度良く、これもまた器の調和を崩さず食感と旨味を味わうことが出来るもの^^
目新しさこそ感じないものの、地元食材を上手く活かし、それぞれの味わいを上手く食べさせる盛り合わせが素晴らしい器でした!

《煮物椀》吸物仕立
夏らしい、つらら鮑(くずをまぶして湯通ししたアワビ)を吸物仕立てにした器で、季節感あるズッキーニなど夏を感じさせる逸品^^
旬の香り牛蒡を使った蒸し物もまた、初夏らしさを上手く感じるチョイス♪
赤梅を使用した涼を感じさせる食材を使うのも、この宿の夏料理の特徴でもあり、見事にサッパリと夏らしい味わいに仕立てられたものでした!

 

《焜炉》神戸牛塩レモン鍋
こちら昨年も頂いた鍋物料理で、舞茸や水菜、白ネギなどの食材をうっすら醤油を利かせた優しい出汁で煮込んだ鍋料理^^
器にレモンが添えられて、サッパリと濃厚な神戸牛を楽しめました♪
残る出汁にはしっかりと牛の旨味が出ていて、スープだけでも楽しめるぐらいのコクのある鍋料理ですが、レモンを加えることで一気に変化する夏の鍋料理と言った感じです^^

《冷鉢》蓮根麺
蓮根で作られた冷製麺を、順菜のツルっとした食感と共に頂く一品^^
冬瓜や椎茸、錦糸卵が添えられて、しっかりとした食べ応えを与えつつ、夏らしいサッパリとした器になっています♪
順菜と麺が絡んだ食感が面白く、濃厚な鍋料理の後を爽やかにしてくれました!

 

《揚物》5点盛
鰻(うなぎ)の抹茶揚げは、鰻の味わいを残しつつ茶の香りでサッパリとさせた揚げ物^^
蟹とチーズの東寺巻は、湯葉で巻いた揚げ物で、チーズの味が勝ると思いきや蟹の旨味が活かされたもので、ほんのりチーズが香る一品。
無花果(いちじく)の天ぷらは甘み増し香り感じるもので、無花果はこの食べ方が一番?!と思わせるぐらいの逸品!
アボカドの揚げ物は、むしろサッパリと変化した味わい^^
葛を花のようにしたものや、甘唐辛子も添えられて、夏らしい盛り合わせでした!

《止椀・御飯・香之物)
止椀は赤出汁で、焼き茄子と滑子茸、僅かに香る粉山椒を使った夏らしいもの。
地元産の三田米に合わせるは、ちりめんじゃこの有馬煮で、山椒の味が効いた有馬煮はご飯が進みます^^



《果物》メロン、ロールケーキ、マンゴプリン
夏のこの宿のデザートとしては定番?のロールケーキとマンゴプリンに添えられたのは、今年はメロンでした^^
ちなみに昨年はスイカだったはず(笑)
この組み合わせを他の宿で食すと甘すぎる~となるワケですが、それぞれが控えめな甘さ(もちろん甘いのですが)で全体のバランスを崩さない配慮がされているのは毎年のことで^^
しっかり味わってご馳走様でした!!


この宿のお料理は、関西圏の味付けとはまた違うしっかりとしたものながら、素材の旨味を活かす調理方法や季節感を味わえるもの^^
今年のお料理、実は昨年のメニュー構成と非常に類似しているのですが、1年ぶりに食べるお料理はやはり美味さ感じるものでした!




 

食後は各自部屋に戻って自由行動で~と、masaと2人で部屋で少しノンビリと^^

それでも温泉行こうか!と、湯処巡りをしていると・・結局は湯処前の休憩場所で見事に4人は遭遇し(笑)

自由行動ね~と言ったところで、しっかり温泉宿を楽しんでいる4人だったワケ♪

こちらの宿のお料理、お酒を飲みながら食べていると丁度良い量に感じるのですが、お酒を飲まない人にとっては白米をお代わりしていないと物足りない?感じもあるワケで~


 


湯上りの4人揃って出かけるは、宿の中にある夜食処^^

こちらでそれぞれ好きな物を注文して~の夜食会(笑)

私は定番?のサッパリとした塩ラーメンを頂いて~ココでもワイワイ談笑で♪


この後、4人で部屋に戻りワインやシードル片手に、アレコレと~時に真面目に~時に笑って談議にいそしみ~

masaは早々に爆睡し~(笑)

3人気が付けば深夜2時ぐらいまでアレコレ話込んじゃいました^^

旅の疲れが溜まっていただろうに、遅くまでオッサンの話にお付き合い頂きましてありがとうございます!

コレで1日目~お開きお開き~Zzzz・・・Zzzz・・・おやすみなさ~い




(つづく)



今日もめでたし~めでたし~!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の有馬温泉でワイワイと♪... | トップ | 初夏の有馬温泉でワイワイと♪... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (masa)
2017-07-17 21:42:59
更新お疲れ様です。

いやぁ早々に寝てしまいましたw
お話に参加出来ず残念。

やっぱ夜食が重すぎたかな
次回は素直にラーメンにしますw
masaへ^^ (teru(管理人))
2017-07-17 22:58:14
コメントありがとう^^

いやホント、飲み始めて30分もしないうちに寝たね(爆)
そんな部屋飲み会も、あの後もワイワイやってたのよホント^^

夕食は夏のサッパリ系の味わいだったから、夜食をガッツリ~も何気にわかる気がします(笑)
実際は結構お腹に入っているもんだから、少し夜食を食べるとガッツリ満腹モードになっちゃいますもんね♪

そんな私はラーメンでもノックアウト寸前でした(爆)

にヒヒ (まりこ)
2017-07-18 00:09:38
masaのお茶目な寝てる姿を激写できてよかった 笑



カレーうどんもラーメンも激ウマでした∩^ω^∩


いっぱい食べていっぱい話して…

窓を開けると聞こえる水の音

虫の声

口には柿ピー

…幸せMAXでした(*´꒳`*)
まりこさんへ^^ (teru(管理人))
2017-07-18 14:41:43
コメントありがとう^^

ホント確かにmasaの寝顔が・・・( ´艸`)
めったにないシャッターチャンスでしたよね♪

あの宿、窓を開けなければ気が付かない川のせせらぎや虫の声^^
暑い初夏の夜は季節感を味わえましたね!

のんびり過ごす週末の旅、満喫してもらえたようで誘った甲斐がありました^^
カレーうどんもスパイシーで美味しかったですね!


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。