ょとめぼゐ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

特集コラム】ファンを巻き込み収益の最大化

2014-11-15 19:43:48 | 日記
オーディオドラマやBGMなど、内容盛りだくさん コーエーテクモゲームスのアクションゲーム『 無双OROCHI 』を題材にしたCD『 バラエティCD 無双OROCHI 混沌鳴動 【CHAOS-BEAT】 』が、本日2012年9月26日に発売された. 本CDは、『 無双OROCHI 』シリーズ初のバラエティーCD. ゲーム中に登場するキャラクターが活躍するオーディオドラマに加え、本シリーズを彩るBGMがたっぷりと収録されている. さらに、声優の置鮎龍太郎が迫力満点に歌い上げたヴォーカルアレンジ版『 遠呂智(おろち)のテーマ 』も楽しめる. なお、今回のスペシャル特典は、本作品のジャケットイラストを印刷したジャケットサイズステッカーとなっている. また、本作品に登場したキャスト陣からのコメントも到着したので、お届けする. ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「とにかくこのメンバーが集まること自体が貴重な機会だと思って楽しみました. 」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「ビーチのお話は楽しいですね. 皆キャラが立ちすぎてて、どんな舞台も苦にしてません. 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「ゲームのシナリオと直結して、さらに世界を広げてくれるCDです. ぜひお楽しみ下さい. 」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「いや~スッキリ! 陸遜はサワヤカにまっすぐなセリフなので演じてて気持ちがいいです. 」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「ゲームでは味わえないキャラクターのセリフや世界観、そして笑い!!楽しいCDですよ~. 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「なかなか無双では聴けない、楽しくカッコイイ内容になってます. 期待しててくださいね!!」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「ゲームよりさらに細かなディテールが再現されていて楽しかったです. 」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「まずゲーム中には絶対有り得ないシチュエーションと展開が聴きどころです! 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「素敵なキャラのやりとり、絶対楽しめるハズ. 期待していて下さい!!」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「OROCHI でCDドラマが出来るなんて... 大好きな作品だけに嬉しかったです!!またゼヒ、やりたいです~!!」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「個人的には、太公望と司馬昭が両方出てる所ですね(笑). 両方好きなキャラなので、力、入ってます!!」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「無双シリーズでもif な作品ですが、今後も広がっていったら喜ばしいです♪応援よろしくです! 」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「ひやまとしては初のCDドラマでの三國組との共演、楽しかったです. 」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「シリアスもコミカルも、どっちもおもしろいよ!! 聴きどころ満載! 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「これからも無双シリーズ、特に政宗・小太郎、愛して下さい!!」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「曹丕の圧に負けそうになりながらも、何とか三成として対応しました. 頑張りました! そしてつかれました. 神奈さんの圧、スゲーっす♪」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「友情感の全くない曹丕・三成の会話です. ヒリヒリしますぜ! あと高塚さんの伝令兵(爆)」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「主役抜きで素敵なドラマを作ってしまいました! 楽しく聞いてね、主役抜きだけど!!」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「初(? )のOROCHI のバラエティCD! 130 人超えというキャラクターの中から、左近参戦ということで、かなりハリキってしまいました!! 普段通りの左近ですが、山田真一は闘志むき出しで演じましたので、お楽しみにっ!!」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「シリアスドラマは、ゲーム内で語られなかった部分を補ってくれる作品です. それぞれの人物をさらに深く掘り下げる台詞の数々は、OROCHI の魅力ある世界を広げてくれますヨ. コミカルドラマも、OROCHI ならではですね! 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「ファンの皆さまお待ちかねのOROCHI バラエティCD が、ついに発売です! シリアスあり! 笑いあり! 盛り沢山のOROCHI ワールドは、まだまだこれからも終わらないっ!! 応援よろしくお願い致しますっ!!」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「「ほっ♪」としています. 心の高揚の為か、兼続がいつにも増して饒舌に喋りまくっていましたので. 若干、顎に乳酸が... w」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「無双OROCHI シリーズの各シナリオの前後に、このような会話がなされていた事を知った上で、改めてゲームをプレイして頂くのも一興かと思います. 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「真・三國無双でも戦国無双でもない、無双OROCHI ならではのキャラクター同士の会話・想いを楽しんで頂ければと思います. 」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「OROCHI シリーズのドラマという事で、それだけで楽しみました♪」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「妲己ちゃん、頑張ってます♪」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「戦国無双のお客様も、三國無双のお客様も、楽しめますように. もちろん無双OROCHI シリーズもヨロシク~♪」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「普段、ゲームの収録は一人ずつなので、たくさんの出演者の方と一緒に収録できて楽しかったです. 」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「まじめなお話とコミカルとの落差です. 妲己もおもいっきりふざけています. 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「大好きな無双OROCHI がCD になってうれしいです. 今後も無双OROCHI を応援して下さい. 」 ――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします. 「コミカルパートの収録が楽しかったです! 」 ――シリアスドラマ、コミカルドラマ(in 長谷堂ビーチ)を含めて、CDの聴きどころを教えてください. 「ゲーム収録では、他の演者の方と会話する事がなかったので、他のキャラクターと会話している晴明のシーンは観て頂きたいです. 」 ――ファンの皆さまにメッセージをお願いいたします. 「無双OROCHI ファンの皆様に早く受け入れて頂ける様、がんばります. よろしくお願いします. 」 【バラエティCD 無双OROCHI 混沌鳴動 【CHAOS-BEAT】概要】 ※リリースを抜粋 発売予定日: 2012年9月26日 価格: 3,000 円(税込3,150 円) 品番: KECH-1624 収録内容: 01. 『 無間孤独 』 歌/遠呂智(CV: 置鮎龍太郎) 02. プロローグドラマ 「滅びへの幕開け」 ~『 無双OROCHI 』より~(遠呂智/妲己) 03. ドラマ1 「次の一手」 ~『 無双OROCHI 』より~(曹丕/石田三成/妲己) 04. ドラマ2 「人だからこそ」 ~『 無双OROCHI 魔王再臨 』より~(伊達政宗/島左近/直江兼続/太公望) 05. ドラマ3 「決断すべき時」 ~『 無双OROCHI2 』より~(夏侯惇/陸遜/曹丕/司馬昭/石田三成/島左近) 06. ドラマ4 「まっすぐ前を」 ~『 無双OROCHI2 Special 』より~(直江兼続/太公望/安倍晴明) 07. MAIN TITLE [Theme of Z] -『 無双OROCHI Z 』オープニング- 08. FORTUNA RUINA -『 無双OROCHI2 』メインメニュー- 09. OPTIC ZONE -『 無双OROCHI2 』キャラクター選択- 10. ダウン 新作 VERTICAL NODE -『 無双OROCHI2 』ブリーフィング- 11. KOTODAMA RUNNER -邪馬台の戦い- 12. FLYING KUNG FU -五行山の戦い- 13. BAMBOO PARADISE -華の舞- 14. THE RULE OF BENKEISM -荒法師- 15. 鮮烈のリュウ -DW SW MIX- -リュウ・ハヤブサ- 16. NOBLE MONSTER -安倍晴明- 17. LIMPID LIGHT -『 無双OROCHI2 』ギャラリー- 18. LIMPID LUSTER (Piano Ver.) -『 無双OROCHI 』大団円- 19. MOONLIGHT -TIME GOES BY- -『 無双OROCHI2 』スタッフロール- 20. コミカルドラマ「スペシャル企画! 妲己の"長谷堂ビーチ"レポート」 (夏侯惇/陸遜/曹丕/司馬昭/伊達政宗/石田三成/島左近/直江兼続/遠呂智/妲己/太公望/安倍晴明) 出演者(敬称略)(五十音順) : 夏侯惇(中井和哉) 陸遜(野島健児) 曹丕(神奈延年) 司馬昭・太公望(岸尾だいすけ) 伊達政宗(檜山修之) 石田三成(竹本英史) 島左近(山田真一) 直江兼続(高塚正也) 遠呂智(置鮎龍太郎) 妲己(金月真美) 安倍晴明(細谷佳正) 封入特典: ジャケットサイズステッカー (C)2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved. カプコンのPlayStation Vita・プレイステーション3・Xbox 360用ソフト『 ストリートファイター X(クロス) 鉄拳 』(発売日未定)の最新ムービーが到着. 今回の映像では、空中コンボの始動技となる"ランチアタック"や、パートナーとふたりで戦える"クロスアサルト"といった多彩なゲームシステムが紹介されているぞ. 再生するにはプラグインが必要です. (C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED. (C) NAMCO BANDAI Games Inc.

株式会社メディア開発綜研 主席研究員 戸口功一 パッケージビジネスを展開している企業は、デジタル化、ネットワーク化の流れの中で、今まで通りのマーケティングやビジネスフローだけでは機能しなくなってきている. では今、次世代に向けた新しい息吹は芽生えているのだろうか. ◆アニメ産業拡大の経緯 コンテンツビジネスはメディアと共存し拡大してきた. アニメも然りである. 1980年代以前は、アニメの収入源はテレビアニメの制作費、それに付随するマーチャンダイジング(MD)に係るライセンスフィーでしかなかった. そして劇場用アニメで一部の作品がヒットし始めると、テレビアニメから劇場版アニメといったビジネスの流れができる. そして80年代に入ると家庭に録画機が普及し始め、映像をビデオソフトで販売するビジネスが登場する. これによって映像ビジネスは一気に売上を拡大し、その中でアニメはアダルトビデオと双璧を成すコンテンツとしてビデオ産業を牽引することになる. 1985年から1990年にかけてアニメ市場が急激に伸長したのはビデオソフト市場(セル&レンタル)のおかげである. アニメ産業はビデオソフトという間口が広がったことで、マンガ→TVアニメ→劇場用アニメ→ビデオソフト→マンガ... といった循環型のビジネスモデルを形成し、市場は徐々に拡大していく. その中からスタジオジブリというビックブランドが生まれ、さらにドラえもん. クレヨンしんちゃん、ポケットモンスターなど毎年恒例のヒットタイトルが確立し、アニメ市場は2000年から繁栄期に突入する. 2004年からはビデオソフトを効果的に販売するためにテレビの深夜枠を利用したマーケティング展開が横行し、テレビアニメバブルといわれる時期が3年間ほど続いた. ビデオソフトは、ビデオカセットからDVDへ移行し、市場がさらに大きくなった. しかしDVDの最盛期が過ぎ、次の規格であるBlu-rayへの移行は今のところ成功していない. その時代に登場し、普及し始めたのがインターネット網による配信ビジネスである. かつての循環型ビジネスモデルはさらなる新しい流通手段によって変化を余儀なくされる時期に来ている. 図表1国内アニメ市場規模 株式会社メディア開発綜研「アニメーション市場分析プロジェクト」より ◆変化の兆しを感じるかで今後が決まる! 日本のアニメ制作プロダクションは、市場規模がここ数年微増しているにも関わらず疲弊しているといわれている. 自社の売上と業界マクロデータが連動していないといったことをよく耳にする. しかしアニメ市場は日本のアニメだけではないことを忘れているケースが多い. テレビアニメバブルが弾け、深夜枠のアニメが一気に減少する中、ハリウッド系3D劇場アニメがここ数年ヒットしている. 2010年はトイ・ストーリー3が興行収入100億円を突破し、国内のアニメでトップになっている. またアニメ市場は、一部のヒット作品によって支えられており、中間ヒットが少なく、より寡占化し、裾野が広くなってきている. すでに循環型ビジネスモデルは一部のヒットタイトルしか通用せず、さらなる収益の出口を求め模索し始めている. アニメ制作プロダクションの売上構成をみても、変化の兆しがみてとれる. 2010年はテレビの制作費・放映権料の割合が最も高く32%、次いで映画の制作費・上映分配の22%となっている. neyrialecu そして商品化収入が17%となっており、テレビと映画でヒットさせ、マーチャンダイジングでさらに収益を確保する構図がみえる. しかしたった5年前の2005年の状況をみると、最も売上比率が高いのは、ビデオ収入の37%、テレビは2番目で19%、商品化が10%となっていた. 5年間でビデオ収入が大きく落ち込み、売上構成が変化している. その他5年前と比べてシェアが若干高くなってきているのは、配信収入(0.7%→3%)と海外収入(8.7%→10%)などである. また新規項目としてはパチンコ・パチスロ関連(2%)が項目として登場している. 今後のアニメ産業をみていく上で、図表2は非常に大切な指標といえる. 流れは急速に変化してきているのがわかる. 5年前売上構成トップであったビデオ収入が26ポイントも減少し、今や海外収入とほぼ同じ比率になってしまっている. ビデオソフト収入に頼ってきた企業は、今や苦しい対応を迫られているであろうことは想像に値する. 変化の兆しをいち早く感じ、次にどのような手を打っていくかで、未来の状況は一変するのである. 図表2には、今後のアニメ産業が拡大していくヒントが隠されている. アニメは意外に幅広い収入窓口があることがわかる. 今シェアが低い項目を底上げできれば、さらなる市場拡大が見込まれるだろう. ではどのようにすればいいのだろうか. そのヒントは新しい取り組みを始めている企業事例からみえてくる. 図表2アニメ制作プロダクションの売上構成<2010年度> 一般社団法人日本動画協会「アニメ産業レポート2011」をもとに株式会社メディア開発綜研作成 ◆アニメをコアに収益を拡大させる仕掛けとは サンライズが2011年4月から2クール間放映したテレビアニメ「TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)」は今後のコンテンツビジネスを示したひとつの事例といえよう. 関西の毎日放送深夜25:58から30分枠で放映されたテレビアニメが話題になった. 勿論、アニメのクオリティが高くなければ話題にならなかったことは言うまでもないが、注目すべきはアニメを最大化させるための多岐に渡る仕掛けである. 制作サイドは、「とにかく誰もやったことのない新しいチャレンジをしよう」という姿勢で取り組んでおり、いくつもの業界のタブーを破ることから始めたという. 一つ目は、テレビ放映と同時にUSTREAMにて無料配信したことである. 東京キー局での放映では未だに考えられないタブーであり、視聴分散のご法度を関西ローカル、深夜枠ということで実現させた. 二つ目は、キャラクタープレイスメントを実施したこと. これもアニメ業界では始めてのことである. アニメのキャラクター(ロボット)にスポンサーロゴをつけ、作品の中に広告を持ち込んだ. モータースポーツを観ていたときに思いついたとのことで、車のロゴステッカーと同じ概念である. 一つ目のWeb配信との同時放映は、視聴者(ファン)の伝達力を利用し、作品の最大化を図るトライアルであり、twitterとの連動でさらなる拡散を意図したもの. 二つ目は広告収入の新しい最大化である. このトライは放映回数を重ねるごとに効果が現れ、最終回の視聴率は深夜では非常に高い3.8%を記録し、USTREAMで視聴した人は9.3万人、twitterのつぶやきが25万ツイートという結果を残すことになった. ここまでの新しい取組みの成果も注目すべきであるが、この取り組みはここからが本題となる. 最終回放映時間に併せて有料イベントを開催し、全国の劇場へライブビューイングを仕掛けた点にある. テレビアニメを家庭で視聴するものから同時間に皆で共有するもの、コミュニケーションを取り合いながら、同じ仲間と同じ場所で共感するものへと変容させ、マネタイズ化させる新しい循環を作り上げたことが、この取り組みのキーではないだろうか. 今後のヒントは、新しい取り組みにたくさん隠されている. 新しい取組みをしている企業自体も取り組みながら経験を蓄積しているのであろう. ただ言えることは、良い作品を作れば売れる単純な時代は終わり、作品が持っているポテンシャルを最大化させるための仕掛けを見出さなければならない時代に突入しているということではないだろうか. 図表3「TIGER & BUNNY」メディア展開フロー 各種資料より株式会社メディア開発綜研作成 記事: f-ism Access Research/2011年9月期コラムより.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジモン 超クロスウォーズ』... | トップ | リアルスティール』ダウンロ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。