秋霜 Autum Frost

葉室麟の『秋霜』を読みました。
時代小説でした。
この作家のいつもの、羽根藩シリーズでした。

悲劇の下に生まれた武士が主人公です。

一揆があり・・・。
家老は責任を取らされ・・・。
孤児を育てる女性の生活が乱されようとして・・・。
悪に立ち向かうことができるのか・・・。

寂しさ、孤独、不器用で、愛に出会わなかった主人公は、どうなるのか。

ちょっと今回のストーリーは単純に感じた。
いまいちひねりを、深さを出してほしい。
私の読後評価は、普通の3☆とします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 乙巳の変 Iss... 広島旅行 A t... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。