サラバ SARABA

西加奈子の『サラバ』を読みました。
長編小説でした。

男の子を主人公にした青春小説でした。

彼は、父親の赴任先のイランで生まれて・・・。
母親と、変わり者の姉と・・・。
父親の転勤で、エジプトで育ち・・・。
その後、大阪で青春時代を送り・・・。
大学は東京で・・・。

初めのころは、読みにくい小説でした。

なにかスカットしない話の展開だったので、私の読後評価は、3☆とします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 古代国家と東北 夜の谷を行く... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。