春に散る Falling in spring

沢木耕太郎の『春に散る』を読みました。
私の好きな作家のスポーツ小説でした、上下本でした。
良かった。

かってボクシングの有望選手だった主人公は、アメリカの実業界で成功し・・・。
40年ぶりに帰国し・・・。
世界チャンピオンを目指した仲間3人と再会し・・・。
一緒に住むことになり・・・。
青春の血が・・・。

良かった。
サクセスストーリーでもあり。
清清しい気持ちになれる、愛も青春もあり、温かい気持ちになれる、良い小説でした。
私の読後評価は、ベストの5☆です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 京都 Kyoto 犯罪小説集 C... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。