王とサーカス Kings and Circuses

米澤穂信の『王とサーカス』を読みました。
推理小説でしょうかねえ。
評価が難しい小説でした。

新聞社を辞めた女性記者が、旅行記事を書こうと、ネパールのカトマンズへ旅行し・・・。
国王と親族が殺害される事件が発生し・・・。
そのことを記事にしようと、彼女は活動を始める・・・。
事件に関わりがあると思われる軍人が殺害され・・・。

エンデイングは良かったが。
話の展開が、いまいちビビットこなくて、途中まで、読みにくかった。
評判の良い本だと聞いていますが、私にはいまいち入り込めなかった。

私の読後評価は、3☆です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 奈良観光 Sig... バラ色の未来... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。