乙巳の変 Isshi Incident

今日は、「歴史のロマン」の講義を受講しました。
狩野先生から、「乙巳の変」を学びました。
乙巳の変のあと、行われた政治改革を、大化の改新といいます。

今日の内容はというと、
*蘇我氏は、馬子、蝦夷、入鹿と全盛時代を送った。
*馬子は絶対的な地位に上げた、姉妹の子を天皇にした。
*中大兄皇子は、蘇我氏の政治を倒すために、入鹿を殺し、蝦夷を自害させた。
*次の天皇候補の古人大兄皇子を討伐した。
*対抗勢力を、殺し、討伐し、政権を獲得した。
*同じ時期に、中国では唐が中央集権国家を樹立しており、朝鮮半島でも中央集権国家となっていたので、影響を受けた。
などでした。

それにしろ、あの時代、政治に関する人々の殺害は多いなあと思いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 室町無頼 An ... 秋霜 Autum F... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。