愚行録 A record of stupid life

貫井徳郎の『愚行録』を読みました。
東京の高級住宅街で、一家惨殺事件が起こり、様々な人たちが「事件」と「被害者」を語る。
事件が起こり、その関係者の語りで、話が進みます。

幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇・・・。
なぜ事件が起こったのか・・・。
数多くのエピソードが出てきて・・・。

ちょっと変わった形式での小説でした。
私には、読みにくいとも言える。
ということで、私の読後評価は、低い3☆です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 焼肉 Barbecu... 山背遷都と秦... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。