山背遷都と秦氏 Hata families

今日は、「歴史のロマン」の講義を受講しました。
若井先生より、「山背遷都と秦氏」を学びました。
講義の大部分は、古代の秦氏についての講義でした、秦氏について、多くの知識が学べて良かったです。

内容は、
*秦氏は渡来人である、大陸から日本に、集団移民を行った帰化人だ。
*最初は、奈良の葛城地区に住まわせた。
*仁徳天皇時代に、秦氏を全国に分散配置して、養蚕と絹織物を作らせた、また、秦氏の技術で、堤防を作らせた。
*雄略天皇時代に、全国の秦氏を、秦酒公氏にまとめさせた、これが太秦氏のルーツである、巨大な財力を持つようになる。
*欽明天皇の時代に、全国にいる秦氏だけの戸籍を作った、7,053家族いた。
*秦氏は大化改新でも生き延びた。
*桓武天皇の長岡京造営は、藤原種継が担当した、彼の母は中国人の秦朝元の娘。
*長岡京造営を、秦氏が巨大な財力で貢献した。
などでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 愚行録 A rec... 個展決定で乾... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。