家康 Ieyasu

安部龍太郎の『家康・自立篇』を読みました。
良かった。
読み応えがありました。

全五巻構想の第一弾だそうです。

物語は家康19歳から始まります・・・。
人質として長じて・・・。
今川義元の姪と結婚し、長男と長女が誕生し・・・。
戦国時代の闘争に明け暮れし・・・。

歴史考察が良く、家康の感情表現が良く、良い小説でした。
早く第二弾を読みたいと思いました。
私の読後評価は、5☆です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 作品展 The e... 大津・現地探... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。