夜の谷を行く Going go a valley in night

桐野夏生の『夜の谷を行く』を読みました。
連合赤軍事件をベースにした小説でした。

連合赤軍事件に関わった一人の女性を主人公にした話でした。

刑に服し、世間に目立たないよう暮らす女性が・・・。
事件から40年経ち・・・。
決別したはずの過去と向き合うことに・・・。

重いテーマの小説でした。
小説として読むことは出来ました。

私の読後評価は、4☆です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« サラバ SARABA 果鋭 Decision  »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。