京都ぎらい Dislike Kyoto

井上章一の『京都ぎらい』を読みました。
エッセイ本でした。
期待して読んだのですが、いまいちでした。

内容が単調で、くどい、貧弱でした。
なんで、この本が評判になっているのか分からない。

京都人にとって、京都人の定義づけは、洛中に住むものだけであると。
「これに加えて、3代以上、京都に住むものだけが、京都人だといわれているのだが、これについては、書かれていなかった。」
この京都人について、洛外の嵯峨で生まれて育った著者が、うじうじと書いているだけのことだが。

ちなみに、私は七条大宮で生まれて育ったので、場所は洛中なので、京都人といえるが。

この部分が、この本の大部分で、他に仏教とお寺、そのたが書かれている。
私の読後評価は、低い、2☆と3☆の間とします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 虎の尾 A tai... 飲み会 The d... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。