いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツナグ

2012-10-10 07:14:12 | 映画(タ行)
樹木希林さんの演技に注目・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
死んだ人間と再会させる能力を持つ「ツナグ」。
工務店を営む畠田靖彦は、土地の権利書のある場所を死んだ母親に聞くために、ツナグとの接触を試みる。
約束の場所に現れたのは、男子高校生。
半信半疑で、死んだ母親との面談を依頼すると、待ち合わせのホテルにいたのは間違いなく、靖彦の死んだ母親、
ツルだった。母は言った。
「話したいことは、他のことでしょう?」思わず涙をこぼした靖彦は、息子との不和を打ち明けるのだった。

【スタッフ&キャスト】
監督: 平川雄一朗
出演: 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅田美代子


期待通りの、いい作品なんだけど、あまりに思っていた内容と同じで、ちょっと物足りないかも^^;

死者と1度だけ会うことができ、それを仲介する「ツナグ」。

作品の中では、3つのストーリーと、その中で「ツナグ」という職業(?)の意味が問われていく。

「ツナグ」こと高校生の歩美は、今売り出し中の松坂桃李さん。

彼も、まぁまぁだったけど、やっぱり樹木希林さんの演技がすばらしい。

それとストーリーの中に出てくる俳優さんたちが、なかなかいい。

遠藤憲一さんと八千草薫さんの親子。

橋本愛さんと大野いとさんの女子高生。

佐藤隆太さんと桐谷美玲さんの恋人同士。

女子高生の関係では、いろいろと考えさせられるところも。

もし、こういうことがあるとしたら、誰と会いたいだろう。

でも、会えるのは、夜があけるまでの、たった一晩。

それだけの時間しか会えなかったら、なんか後を引いてしまいそう・・・

映画としての主役は「ツナグ」なのかもしれないけど、それぞれのストーリーの方が考えさせられる。

続編とか、あるといいかもなぁ。


【関連ブログ】
ツナグ(うろうろ日記)
ツナグ(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ツナグ(佐藤秀の徒然幻視録)
「ツナグ」会いたい人は誰ですか?(シネマ親父の“日々是妄言”)
映画「ツナグ」感想(タナウツネット雑記ブログ)
劇場鑑賞「ツナグ」(日々“是”精進!)
ツナグ(あーうぃ だにぇっと)
『ツナグ』 2012年9月17日 ニッショーホール(気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
ツナグ(タケヤと愉快な仲間達)
ツナグ(to Heart)
ツナグ(Memoirs_of_dai)
ツナグ(花ごよみ)
映画『ツナグ』★心の目でつなぐときツナグは救いにつながる(**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
ツナグ(2012-122)(単館系)
「ツナグ」会いたい人とツナグ先にみた伝えなければならない聞かなければならない1度しかない機会への決断と決意(オールマイティにコメンテート)
映画「ツナグ」を観ました!!(2012-13)(馬球1964)
ツナグ(とりあえず、コメントです)
映画「ツナグ」(放浪の狼のたわごと)
ツナグ(ダイターンクラッシュ!!)
「ツナグ」の試写会(とことこ行こ!)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイアン・スカイ/IRON SKY | トップ | 推理作家ポー 最期の5日間/THE R... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『ツナグ』 2012年9月17日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ツナグ』 を試写会で観賞しました。 樹木希林の演技に注目したが、今回はパッとせずだった 『悪人』や『わが母の記』の時のような良さが無かったのは残念 【ストーリー】  生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった者。その再会の...
映画「ツナグ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツナグ」観に行ってきました。辻村深月の同名小説を原作とする、人の死と死後の再会をテーマとするファンタジー要素を含有した人間ドラマ作品。その街には、ひとつの都市伝説...
ツナグ (あーうぃ だにぇっと)
ツナグ@ニッショーホール
映画「ツナグ」を観ました!!(2012-13) (馬球1964)
映画「ツナグ」を観ました!!
ツナグ (花ごよみ)
試写会に当たったので行ってきました。 辻村深月の同名小説を映画化。 「ツナグ」の仕事は、 この世から去ったものと 生きているものとの再会の仲介。 亡くなった人を一回に限り、 会わせてくれるというもの。 男子高校生、歩美と彼の祖母アイ子が その役目を負いま....
ツナグ (佐藤秀の徒然幻視録)
ゴースト もういちどつながりたい 公式サイト。辻村深月原作、平川雄一朗監督、松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅 ...
ツナグ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 129分 原作 辻村深月『ツナグ』(新潮社刊) 脚本 監督 平川雄一朗 音楽 佐藤直紀 出演 松坂桃李/樹木希林/佐藤隆太/桐谷美玲/橋本愛/大野いと/八千草薫/遠藤憲一 生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった...
劇場鑑賞「ツナグ」 (日々“是”精進! ver.F)
大切なのは、心で見ること・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210060003/ ツナグ (新潮文庫)辻村 深月 新潮社 2012-08-27売り上げランキング : 33A...
映画『ツナグ』★心の目でつなぐときツナグは救いにつながる (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342745/rid19/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159756/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください...
映画「ツナグ」 (放浪の狼のたわごと)
2012年日本で製作された 平川雄一朗監督作品。たった一度だけ、死者との再会を叶
ツナグ (うろうろ日記)
試写会で見ました。監督+希林さん+桃李くんが舞台挨拶にやってきました。まさか希林
「ツナグ」会いたい人とツナグ先にみた伝えなければならない聞かなければならない1度しかない機会への決断と決意 (オールマイティにコメンテート)
「ツナグ」は辻村深月原作の「ツナグ」を映画化した作品で生涯1度だけ会いたい死者に会す事ができる使者が3人の依頼主の死者との出会いを通じて使者としての役目、そして使者に ...
ツナグ (とりあえず、コメントです)
辻村深月著の同名小説を松坂桃李&樹木希林主演で映画化した作品です。 忙しくて1週間ぶりの観る映画だったら、やっぱり癒される作品がいいなあとチャレンジしてみました。 分かっているのに泣かされるなあと、キャラクターたちの想いを感じながらスクリーンを見つめてい...
ツナグ (Memoirs_of_dai)
歩美はなぜ何度も死人に会える? 【Story】  “ツナグ”という、たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる案内人。そんな都市伝説のような噂にすがり依頼に訪れたのは、癌で亡くなった母(八千...
『ツナグ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツナグ」 □監督・脚本 平川雄一朗 □原作 辻村深月 □キャスト 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本 愛、遠藤憲一、大野いと■鑑賞日 10月8日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...
ツナグ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月7日(日) 15:50〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『ツナグ』公式サイト フリーパスポート25本目。 「黄泉がえり」とか「スープ〜生まれ変わりの物語〜」とか、古くは「ゴースト」や「天国から来たチャンピオン」などの死人系ファンタ...
映画「ツナグ」 (FREE TIME)
映画「ツナグ」を鑑賞しました。
「ツナグ」会いたい人は誰ですか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[松坂桃李] ブログ村キーワード  一度だけ、死んだ人間と会わせてくれる“使者”の物語。「ツナグ」(東宝)。さあ、あなたがもう一度会いたい人はいますか?  一度だけ死んだ人と会わせてくれる“使者”=“ツナグ”。高校生の歩美(松坂桃李)は、一族に代々伝わる...
映画『ツナグ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-82.ツナグ■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:129分■観賞日:10月20日、TOHOシネマズ渋谷■料金:0円 □監督・脚本:平川雄一朗◆松坂桃李(渋谷歩美)◆樹木希林(渋谷アイ子)◆遠藤憲一(畠田靖彦)◆八千草薫(畠田ツル)◆橋本愛(...