いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マリリン 7日間の恋/MY WEEK WITH MARILYN

2012-03-27 07:40:26 | 映画(マ行)
伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。
監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。
撮影が始まるが、精神が不安定なマリリンはたびたび遅刻し、オリヴィエらの反感を買う。
孤立するマリリンが現場で心を許すのは、この映画の第3助監督コリンだけだった。
上流階級の子弟で映画界に飛び込んできばかりの23歳の青年コリンを、マリリンは何かと指名するようになる。
やがてコリンはマリリンに恋心を抱くようになる。

【スタッフ&キャスト】
監督: サイモン・カーティス
出演: ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュリア・オーモンド、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ

思ってたよりは、地味な感じだけど、雰囲気はいい作品。

セックス・シンボルとして、人気絶頂だったマリリン・モンローが、ローレンス・オリヴィエ監督の映画出演のために、イギリスに行ったときの、つかのまの恋。

そのときのお相手だった、第3助監督コリンの日記に基づく実話だそうだけど・・・

マリリン・モンローを演じたのが、ミシェル・ウィリアムズ。

リアルタイムでのマリリン・モンローが記憶にないので、似てるのか似てないのかはわからないけど。

そのかわいさとか、精神の起伏の激しさとか、そういうところは、うまく演じられていたように思えます。

さすがに、スタイルは・・・

スターゆえに、プライベートな姿を見せられないマリリン。

何度も結婚、離婚を繰り返したのも、相手が「マリリン・モンロー」と結婚することを期待し、私生活でも「マリリン・モンロー」を演じ続けなければいけないことによるストレスだったのかもしれない。

そして、人からの愛を求めながらも、「マリリン・モンロー」という虚像(?)への注目は集めるものの、「ノーマ・ジーン」本人は、誰も見てくれない。

そういった寂しさを感じさせる作品でした。

ロマンスというよりは、マリリンの内面を描いた作品といえるでしょう。

劇場は、結構人がはいっていたけど、年齢層は高かったような?

マリリン・モンローといっても、若い人たちには、「Who?」なのかな?


【関連ブログ】
マリリン 7日間の恋(新・映画鑑賞★日記・・・)
マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn(LOVE Cinemas 調布)
『マリリン7日間の恋』(ラムの大通り)
マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞)(我想一個人映画美的女人blog)
マリリン 7日間の恋(うろうろ日記)
映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。(日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
『マリリン -7日間の恋-』 2012年2月20日 一ツ橋ホール(気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
マリリン 7日間の恋(映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
映画 「マリリン 7日間の恋」(ようこそMr.G)
「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて(ノルウェー暮らし・イン・原宿)
マリリン 7日間の恋(あーうぃ だにぇっと)
マリリン 7日間の恋(悠雅的生活)
マリリン 7日間の恋   MY WEEK WITH MARILYN(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
マリリン 7日間の恋(’11)(Something Impressive(KYOKO掘)
「マリリン 7日間の恋」(Vol.1)(或る日の出来事)
ミシェル・ウィリアムズ主演『マリリン 7日間の恋』(My Week with Marilyn)(映画雑記・COLOR of CINEMA)
マリリン 7日間の恋(心のままに映画の風景)
『マリリン 7日間の恋』(こねたみっくす)
マリリン 7日間の恋(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マリリン 7日間の恋(佐藤秀の徒然幻視録)


【告知】
サイト、リニューアルしました。
http://www.moviepal.jp/
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーガレット・サッチャー 鉄の... | トップ | 僕達急行 A列車で行こう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
マリリン 7日間の恋 (あーうぃ だにぇっと)
マリリン 7日間の恋@一ツ橋ホール
『マリリン -7日間の恋-』 2012年2月20日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マリリン -7日間の恋-』 を試写会で鑑賞しました。 色っぽいミシェル・ウィリアムズでしたが・・・ ブルーバレンタインで良い脱ぎっぷりしてたので、 そっちも期待してたりしたけど・・・残念 【ストーリー】  名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監...
マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn (LOVE Cinemas 調布)
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エ...
マリリン 7日間の恋 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マリリン 7日間の恋(ミシェル・ウィリアムズ主演) [DVD]クチコミを見る世紀の大スター、マリリン・モンローの秘めた恋を描く「マリリン 7日間の恋」。無理にマリリンに似せようとし ...
『マリリン 7日間の恋』 (こねたみっくす)
永遠のセックス・シンボル、マリリン・モンロー。その評価は演技下手な三流女優、天性の才能を持つ女優、頭の悪い見てくれだけの女、天真爛漫な笑顔が永遠に魅力的な女性と様々。 ...
マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...
ミシェル・ウィリアムズ主演『マリリン 7日間の恋』(My Week with Marilyn) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを同作のスタッフであったコリン・クラークの原作(books My Week with Mar
映画 「マリリン 7日間の恋」 (ようこそMr.G)
映画 「マリリン 7日間の恋」
マリリン 7日間の恋 (佐藤秀の徒然幻視録)
自己撞着的マリリン・メソッド 公式サイト。原題:My Week with Marilyn。コリン・クラーク原作、サイモン・カーティス監督。ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッド ...
マリリン 7日間の恋(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
先週7日(水)に、有楽町よみうりホールで今月24日公開の「マリリン 7日間の恋」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。試写会は久方、一昨年夏頃の「借りぐらしのアリエッティ」以来。 ローレン...
マリリン 7日間の恋 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・...
マリリン 7日間の恋 (悠雅的生活)
1956年、ロンドン。『王子と踊り子』
映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの....
マリリン 7日間の恋   MY WEEK WITH MARILYN (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
不世出のセクシー女優マリリン・モンローが1956年英国に渡り、名優ローレンス・オリヴィエと共演する「王子と踊り子」の撮影の裏話を基本にして新人助監督の男性との短い恋を描いた作品だ。コリン・クラークが経験した実話をもとに、マリリン・モンローの孤独感をミシェル...
「マリリン 7日間の恋」(Vol.1) (或る日の出来事)
ミシェル・ウィリアムズさんの演じるマリリン。 期待以上に、うまくスクリーンに「マリリン・モンロー」と「ノーマ・ジーン・ベイカー(マリリンの本名)」を刻みつけてくれました。
マリリン 7日間の恋 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マリリンさんと若者が出会って、逃亡し
『マリリン7日間の恋』 (ラムの大通り)
(英題:My Week with Marilyn) ----この映画って、 ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じているんだよね。 「うん。 それほど似ているとは思わなかったけど、 映画の中、つまり劇中劇での彼女は 本物そっくりの表情、しぐさ。 まあ、これで改めて確認した...
マリリン 7日間の恋 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(P) マリリン・モンローの年齢を超えたときからファンになりました。
「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「試写会に行く前にこのDVDを見ておくといいよ」とmigちゃんに薦められて借りて見たのが、マリリンモンロー主演「王子と踊り子」。 そういえば、マリリン・モンローの映画を見たのは初めて☆
人気者はつらいよ。『マリリン 7日間の恋』 (水曜日のシネマ日記)
マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを描いた作品です。
『マリリン 7日間の恋』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナ...
「マリリン 7日間の恋」 マリリンというキャラクター (はらやんの映画徒然草)
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ
好きにならずにいられない〜『マリリン 7日間の恋』 (真紅のthinkingdays)
 MY WEEK WITH MARILYN  1956年。ハリウッドで絶大な人気を博していたマリリン・モンロー(ミシェル・ ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督する『王 子...
マリリン 7日間の恋 (to Heart)
メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊) 監督 サイモン・カーティ...
マリリン 7日間の恋        評価★★★60点 (パピとママ映画のblog)
世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。出演は「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、「パイレーツ・ロッ...
マリリン (映画的・絵画的・音楽的)
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...
マリリン 7日間の恋 (食はすべての源なり。)
マリリン 7日間の恋 ★★★☆☆(★3つ) 7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。 目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?...
映画『マリリン 7日間の恋』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロ...
マリリン 七日間の恋 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演 を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと 渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。 スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影による プレッ...