いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルゴ/ARGO

2012-11-04 17:58:41 | 映画(ア行)
パスしようかとも思ったんだけど、予告編を観ているうちに、面白そうな気がして・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取った。
しかし、この混沌の中6人のアメリカ人は何とか逃げ出すことに成功し、カナダ大使の自宅に身を隠した。
彼らが殺害されてしまうのは時間の問題だと知りながら、CIAの救出作戦のエキスパート、トニー・メンデス(アフレック)は彼らを安全に国外へと救出するための危険な作戦を思いつく。
それはあまりにも意表をついたもので、映画でしか起こりえないような作戦だった。

【スタッフ&キャスト】
監督: ベン・アフレック
出演: ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン


イラン革命でのアメリカ大使館占拠事件のときの実話に基づく話だそうで。

大使館を抜け出したアメリカ人大使館員が、カナダ大使の自宅でかくまわれ、その6人をイラン国外に脱出させるために、CIAが仕組んだ作戦。

スパイ物といえば、派手なアクションというのが定番だけど。

実話に基づいていることもあってか、アクションシーンは、ほとんどない。

前半では、イラン革命のときの実写と思われるような映像も出てきて、リアル感を高める。

イラン兵士に見つかれば、かくまってくれたカナダ大使とともに、命を奪われることは間違いなく。

そのドキドキ感は、なかなかのもの。

映画のプロデューサー(?)として乗り込んだCIA局員も、命の危険の中で画策。

なかでも個人的に一番の見所は、イラン兵士がカナダ大使の家を訪ね、イラン人家政婦に質問する場面。

そのときの答えによっては・・・

空港でのシーンでは、ちょっと作りすぎのような感じも見られたけど。

全体としては、なかなか楽しめた作品でした。


【関連ブログ】
アルゴ(うろうろ日記)
映画レビュー「アルゴ」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ドッキリカメラ(MESCALINE DRIVE)
『アルゴ』(ラムの大通り)
アルゴ / argo(我想一個人映画美的女人blog)
アルゴ ★★★★(パピとママ映画のblog)
アルゴ(そーれりぽーと)
実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』(水曜日のシネマ日記)
アルゴ(新・映画鑑賞★日記・・・)
アルゴ(悠雅的生活)
アルゴ(Akira's VOICE)
劇場鑑賞「アルゴ」(日々“是”精進!)
アルゴ(心のままに映画の風景)
アルゴ(佐藤秀の徒然幻視録)
アルゴ(映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
『アルゴ』(こねたみっくす)
[映画『アルゴ』を観た(短信)](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画「アルゴ」感想(タナウツネット雑記ブログ)
アルゴ / ARGO(勝手に映画評)
「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感(ノルウェー暮らし・イン・原宿)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクスペンダブルズ2/THE EXP... | トップ | 終の信託 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
再来 (iina)
2012-11-23 09:38:31
いい加減社長は、たくさんの映画を観ているので、こうしてお目にかかる機会があります。「プロメテウス」以来でした。

映画でしか起こりえないような作戦を映画化したという発想が愉快です。こんな映画も、あるご。
一見、地味そうな映画の講評を新聞で読み、観ようと思い立ちました。そこで、あるご(午後)に神さんと出かけた次第です。

ハラハラドキドキ (kintyre)
2013-02-09 22:26:46
こんばんは、私もこの映画を観ましたが、最後のシーンでありハイライトでもある、空港から搭乗するまではハラハラしました。
離陸しているのに革命防衛隊が執拗に追跡してきて緊張感に溢れていましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ドッキリカメラ (MESCALINE DRIVE)
ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと...
アルゴ (佐藤秀の徒然幻視録)
偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ...
アルゴ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑)
映画レビュー「アルゴ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Argo: How the CIA and Hollywood Pulled Off the Most Audacious Rescue in Historyクチコミを見る◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけ ...
アルゴ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 イランからアメリカの外交官を救出す
劇場鑑賞「アルゴ」 (日々“是”精進! ver.F)
6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ...
『アルゴ』 (こねたみっくす)
映画製作のロケハンを口実に人質を奪還する。 1979年のイラン革命時に、カナダ大使私邸に逃げ込んだ6人のアメリカ人を架空のSF映画『アルゴ』のロケハンスタッフに偽装させて脱出 ...
実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』 (水曜日のシネマ日記)
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。
アルゴ / argo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...
アルゴ (悠雅的生活)
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。
アルゴ (Akira's VOICE)
地味だけど面白い。  
アルゴ (心のままに映画の風景)
1979年11月。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。 秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。 ...
アルゴ (そーれりぽーと)
役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせず観てきて良かった。 鬚と前髪で顔の大半が隠れてるベン・アフレックが別人のように見え...
アルゴ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー...
『アルゴ』 2012年10月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アルゴ』 を試写会で鑑賞しました。 あれ、なぜか、入場時に荷物検査が・・・ この映画はどこまで秘密を隠し通そうとしているのか 【ストーリー】  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人...
アルゴ (映画的・絵画的・音楽的)
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、....
『アルゴ』 (ラムの大通り)
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...
アルゴ  ARGO (映画の話でコーヒーブレイク)
私、ベン・アフレックって苦手でした。 演技も今一つやなぁ()、な~んて思ってました。 しか~し、本作を見て、監督として俳優として「ベン!なかなかやるやないのー!」っと見直しました。                   (偉そうにすみません)。 おそらく、いや....
映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい....
[映画『アルゴ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...
アルゴ / ARGO (勝手に映画評)
CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カバーとして使った身分が、映画撮影スタッフと言う事で、荒唐無稽で、コミカルな印象を...
「アルゴ」 国のため、正義のためというより (はらやんの映画徒然草)
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
アルゴ (Argo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語...
「アルゴ」第25回東京国際映画祭特別招待作品 (ここなつ映画レビュー)
ベン・アフレック監督作品。1979年に実際に起こった、イランでのアメリカ大使館占拠事件の際に、大使館を脱出した6名のアメリカ人の、その最終的なアメリカ本国への逃走劇を、CIAの人質救出作戦のプロフェッショナル、トニー・メンデス(ベン・アフレック)の活躍を通し...
アルゴ (もののはじめblog)
アルゴは「R5アール ゴ」ではない。 もちろん「ゴルゴ13サーティーン」でもない。5歳未満が観てもよく、国際紛争の絡む事件はゴルゴ13の東郷トーゴ向きだろうか。       1979年のイランアメリカ大使館人質事件で、大使館を占拠される直前に外へ逃げた数人....
「アルゴ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・米/配給:ワーナー・ブラザース原題:Argo監督:ベン・アフレック製作:グラント・ヘスロフ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー原作:アントニオ・J・メンデス、ジョシュア・ベアーマン脚本
映画『アルゴ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・アフレック◆ベン・アフレック(トニー・メンデス)◆アラン・ラーキン(レ...
アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...
『アルゴ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴ...
アルゴ (銀幕大帝α)
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス ブライアン・クランストン『ジョン・カー....
アルゴ (いやいやえん)
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるト...