イケメンテリーの童貞ナンパブログ

20代後半のイケメンテリーが路上ナンパで童貞喪失するナンパブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自己紹介

2010年12月31日 | 大阪ナンパ日記
25年以上の間素人の女の子とHしたことがありません。
素人童貞です。ちょっと前に出会い喫茶にはまっていて、そこで金を払ってラブホに行ってHしていたので素人とHした気分になっていたのです。それで飲み会とかに行って恋愛の話振られたときにGETしたとか言っていたのです。見栄っ張りを超えて、ただのアホです。これでは誰からも相手にされません。当然の結果です。風俗にはまった時期もありました。素人の女性から相手にされないのだからお金払うしかモテる方法はないのです。初めは気持ち良かったのですが、だんだん虚しくなってきたのを覚えております。 今から思うと風俗嬢からもキモがられていました。

彼女いない暦は8年です。サークルの飲み会で知り合った女の子と運よく1か月だけ付き合うことができました。その女の子には彼氏がいましたがそんなことは気にせず付き合うという話になって付き合うことができました。この女の子は自分の理想とする優しくて可愛い女の子でした。ちなみに私が始めてデートした娘でもあるのです。やっぱり彼氏が好きと言われ、もう会えませんと言われました。はっきりいってショックでした。コミュニケーション能力ない自分だったら当然の結果だと思います。仮に私が女でも絶対に私を恋愛対象外にしますね。大学当時の出会いはサークルぐらいしかないのにこれを絶たれたのだから目の前が真っ暗になりました。
しかも1度も男女の関係になることなく終わりを告げました。しかもキスすらできなかったのです。ほんとに付き合ったの?という感じでした。ほんとにお子様の恋愛だったのです。それから大学在学中はもちろん、社会人になっても彼女はできることはなかったです。

小学校はもてなく、行動がキモかったので、みんなからバカにされていました。中学にはいってからもかわいい女の子を見てるだけでした。高校は男子校で出会いがなく唯一女子高生と接する機会のある文化祭が楽しみでした。勇気を振り絞って高2の時逆3で高3の女子に声かけしましたが、店の呼び込みだけで終わりました。本当に緊張したのを覚えています。これ以外はオタクの友達とつるんでいただけでした。高校卒業して、友人が合コンを開いてくれました。3対3の合コンでした。相手の女の子は一人はかなり可愛い娘でした。みんなその可愛い娘ばかりに行っていました。オタクみたいな3人がコンパしたらこうなるのは必然の結果です。しかも運がいいことにその可愛い娘から電話番号を聞いてくれたのです。可愛い娘と電話することができました。
女の子と電話なんて久しぶりなんで、どもったり、テンぱったりしていました。非常にキモかったです。最後に私が「遊ぼう」と言うとその娘は「うん、またみんなで楽しく遊ぼう」と言われました。この意味が私にはわかりませんでした。そうとは知らず有頂天になっていました。
またあの娘と会える!と思って。友達に相談したら「それ、脈ないで」と言われました。
案の定2回目は電話がつながることはなかったです。
奈落の底につき落とされた気分でした。絶対大学に行ったらいい出会いを見つけると意気込みました。私はそんなに頭が良くなかったのですが運よく推薦されてそのまま大学に行けました。しかも私が希望していた学部です。なぜなら女の子がけっこういるからです。それだけのために大学に行っていたといっても過言ではありません。夢と希望を胸に大学に入学しました。サークルの勧誘もけっこうありました。かわいい女の子から勧誘を受けて有頂天!!これが大学!こんな日が毎日続いたらと思ったら、そんなに甘くはなかった。いくつかのサークルの新勧コンパ行きましたがここで衝撃を受けました。かわいい娘がけっこういる!でもその娘たちは左手の薬指に指輪をしていました。つまり彼氏がいたのです。ほんとにショックでした。しかもサークル内で付き合っているとかありました。希望が失望に変わりました。残っているのは可愛くない娘ばっかりやんと思いました。可愛くない女だったら意味ないなと思いました。その1年後私が2回生の時に彼女ができました。すぐにフラれ、ナンパしたいと思いました。でも足がすくんで声がかけれないのです。30回ぐらい街に出て0声かけです。もう笑うしかありません。
しかし日常生活では全く出会いがなかったわけではなかったのです。大学は女の子もけっこう多かったし、学部にも女の子がまあまあいました。
でも女の子と何を話していいかわからなかったので女の子とはほとんど接点がない状態でした。
女の子としゃべれている男子がうらやましくて仕方がなかったです。女の子をジロジロ見ていたのでだいたいキモがられていました。
だからナンパがしたくて仕方なかったのです。学校から家に帰ってきてゲームかエロビデオを見ていました。ダメ男の典型的な例です。時が経ち就職活動の時期になりました。面接で
一緒だった女の子をお茶連れ出しを何度かすることができました。入社する会社の懇親会で奇跡的にも梅田に買い物連れ出しをやりました。でも一瞬で連絡が取れなくなりました。社会人になり可愛い同僚とお茶しました。楽しいなと思っていたらネットワークビジネスの話をされました。
あとで聞いたら私を恋愛対象と見ていなかったみたいです。転職して合コンやカップリングパーティなどにも行くことになりましたが、恋愛関係になることはありませんでした。カップリングパーティで知り合った女の子と奇跡的にデートができました!
しかしその女の子まで私をネットワークビジネスのパートナーの対象としか見てもらえなかったのです。私がネットワークビジネスはやらないと言ったら、「もう2度と会いたくない。会っても時間の無駄とまで言われました。」
もうここまできたらどうしようもありません。またナンパを始めたいと思いました。ナンパして何が何でもモテるようになってやる!とやる気はマンマンでした。
草加大介さんのナンパ本を読んで衝撃を受けました。自分の考えが180度変わりました・・・もう俺はナンパで生きようと!ナンパができれば1人の女に固執せず余裕のある男になれる!と気付いたのです。

デートはお茶か食事または買い物です。コミュニケーション能力なくてキモイくせにプライドだけは超一流でした。今から思うと恥ずかしいですね。もちろん個室やラブホテルに誘う勇気などありません。ギラつくこともほとんどなかったです
小さい時からあまりしゃべらなかった。中学や高校の友達もオタクや自分より立場の弱い子とつるむことが多かった。そうすることでしか自分を出せなかった。
大学の友達はけっして少なくなかったが、ゼミやサークルではあまり自分から積極的に話しかけることはなかった。
社会に出たら要領が悪く、上司や同僚にもダメだしされまくりだった。
全体的に友達は少なすぎるというほどではなかったが、かっこいい人やいかつい人にはほとんど話をすることはなかった。
周りからはどちらかというとキモイ対象でしか見られていなかったと思います。
飲み会や意見を言い合う場になるとおとなしくしている自分がいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 河木さんのナンパ塾 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。