mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

無事手術終了・ありがとうございます

2017-07-14 | 日記
おはようございます。

朝から降り出した雨も今はやんでいます。

蒸し暑い。


昨日は病院に泊まり込み、手術後の容態を見守りました。

おかげさまで手術は無事済んで夜中に目を覚ました時の第一声は


「足の手術は夢だったのか?」というものでした。


「胸じゃないよ」と答えると

「夢なら良かったのに」というのです。

全てのことが夢なら良いのに、と私もそう思います。


これからしばらくは闘病生活が続きそうです。

今日から足のリハビリを始まりますが、

来週からは内科の診療も始まります。


できるだけ早く退院して在宅で治療が受けられるようにしたいです。



二人暮らしが長かったので急に家に一人でいることに

まだ慣れません。

仕事も自営なので毎日家にいるのが当たり前の風景でした。


まだたった二、三日ですが
家の中に家人の姿が見えないのは寂しいものです。

呼び名の通り家にいる人だったから。。。。



今日からは夜も一人です。

山の中の一軒家なのでこうなるとたった一人は

少し心母子かもしれません。

でも猫がいっぱいいますからね。


今朝も家に帰ったら愛猫のダイアナが待っていて


餌が欲しいと鳴くのですが、

その声が家人に甘えているの時と一緒なので

何かと思い出してしまうのです。


つい猫に八つ当たりでして、

「お前が鳴くから私まで彼が恋しくなっちゃうじゃないか」と

訳の分からぬ怒りをぶつけちゃいました。

ごめんね。

ダイアナは家人のお気に入りですから、

彼女も彼に会えなくて寂しいのでしょうね。


その声は「〇〇はどこに行ったの?」と

家人を探している声だったのかもしれません。


そんなこともわからない私でした。


反省します。


しかしまあ、これは現実に起きたことですから、

いつまでも夢ならばと思っていても仕方ない。


家人が早く家に帰って来て、また家の人となるように

家の中を掃除しましょう。

全部綺麗にして

できればピカピカにして彼の帰りを待つことにします。




今日は午後からまた病院です。

リハビリが始まるのでスリッパを届けてあげます。


骨折の痛みが緩和されたためか


あれ持って来てこれ持って来てとまるで子供みたいに連絡してくるのですよ。


しばらくは病院のお話が多いかと思います。































にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手術の日 | トップ | 深刻な問題発生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。