mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

オーバーブッキングの思い出

2017-04-19 | 日記
ユナイテッドエアーでオーバーブッキングの客を引き摺り下ろして大騒ぎになったニュースを読み、

自分にもオーバーブッキングで起こったハプニングがあったのを思い出しました。


それは一人でインドに行く途中、香港からデリーまでのチャイナエアーでの出来事だったと思います。

搭乗口で待っている私たちの前に会社の人が来て、

何番と何番の席の人はこちらへ来てください、と言いました。

搭乗券を見るとなんと私が該当していました。


なんだろう?

不審に思いながら進み出ると、ついて来てくださいというだけでなんの説明もありません。

私の他はフランス人の若い女性です。


私たちがお互いになんだろうねと言いながら付いていくと、

「今日はお二人にファーストシートを提供いたします」と言って

飛行機の先の方の一等席に案内してくれました。




なぜって思ったけど、訳は深く考えませんでした。


それよりももっと興奮することが起きたからです。

それは私にとって人生初めてのファーストクラス利用でした。

そして今の所それが最後のファーストクラスの経験です。

それより何より

面白かったのは、隣のフランス人と話をしていて、

わかったことなのです。



私は1987年頃から2000年くらいまでインドを訪ねることが多くありました。

インドでは大変お世話になった人が在り、

私はインドのお父さんと呼んでいるほどでした。

その私のインドのお父さんはインドのジョドプールという町に住んでいて、

幸運にもファーストクラスの席を与えられたこの度のインドへの旅はまさにそのお父さんのところに出かける旅だったのです。

隣のフランス人も思いがけない幸運に気分が弾んでいるようでした。

二人であれこれと話していると、彼女がインドのどこへいくのか?と訪ねてきました。

インドは大変に広い国ですから、私たちは気軽にインドへ行ってくるなどと言いますが、

インドのどこに行くのかで気候も習慣も違うのですからあまりにもアバウトすぎるのです。

私はラジャスタンのジョドプールだよ、と気軽に答えました。

彼女もすでに何度かインドの旅を経験しているようでインドのことは多少なりとも心得ているといった感じでした。

ジョドプールへいくという私の言葉に反応した時の彼女の顔を今でも思い出すことができます。

首をちょこっと傾げ、目を見開いて口もぽかんと開けながら微笑んでいました。

「ジョドプールは私も大好きな町よ、あそこへいったらね、ぜひ訪ねていくべきところがあるわ」と


そう言ったのです。。

「その場所はね、お城の裏の。。と言いかけた時、私にはもうわかっていました。

「知っているわ、その人は私のインドのお父さんよ、私は今からそこへいくの」と

私がそう答えると、


さっきよりもっと目を丸くして「なんてこと、私はインドを出る前にあそこでとてもお世話になったの、二週間前の事よ」

というじゃないですか。

なんという偶然。

インドのお父さんに関わる二人が偶然にも同時にファーストクラスに招待されるなんて、

まるで魔法みたいじゃないですか。

私たちは二人ともそう思いました。

実はオーバーブッキングで私たちの席がエコノミーになかったわけですが、

それにしてもこの二人が選ばれるってちょっと神がかってませんか?



それから彼女と再会することはありませんでした、

でも彼女にとっても素晴らしい人生の思い出として記憶に残っているはずです。

このことを書いていたら

この時の他にももう一度ファーストクラスに当たったことがあったのを思い出しました。

その時は家人と一緒でしたが、

席が広すぎて私と離れた感覚が嫌だと言いました。

それから席が窓から離れすぎていて飛行中窓から景色を覗くのに

身を乗り出さなければならず疲れるからもうファーストクラスは二度とごめんだと言ってました。

これで私のファーストクラス再利用の可能性はなくなりましたわ。

と、このように私のオーバーブッキングの経験はどちらかというとラッキーな方でした。

でもあのお客さまは大変でしたね。

どうしてファーストクラスに招待するという方法を取らなかったのでしょう。

そちらも満席だったのかしら?




満開のユスラウメ































にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リボンのこと | トップ | 着物生地でバッグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。