mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

着物地バッグその2

2017-04-20 | 日記
今日は。

二つ目バッグ完成です。

お友達にあげるのはこちらにします。

今朝は制作にどのくらいの時間がかかるのか時間を計って仕事を始めました。

ファスナーの件で気になることがあったのでそのことばかりが頭の中にあったのでしょう。

まず最初に裁断、今回は接着芯を使って見ました。

そのため接着芯を裁断、表地に貼りました。

その時点でもファスナー付けばかりが気になっていて

芯が貼れたら早速ファスナーを縫ってしまったのです。

あちゃ、

持ち手をつけるのを忘れていたわ。




それどころか持ち手のことはすっかり頭から抜けていました。

なんてことよ、あなたはバッグを作っているのよ。

自分で自分を叱咤しましたわ。

持ち手もつけずにハンドバッグにするのはちと難しい。

もちろん後付けって方法もありますがこのバッグには合いませんん。

仕方ないクリッパーでしたっけ、あの糸を切るやつ。

あれでショボショボと作業をしました。

イラついたり、自分に怒ったり

感情を逆立てるのはもうやめて、淡々と作業です。

十分ほどで済みました。


それから紐の分を裁断して縫ってひっくり返して、

このヒックリ返す工程が案外時間がかかります。

嫌いな作業なんです。

イライラする作業なんです。

しかし、ここでも淡々と作業。

感情を荒立てればそれだけ身体を消耗します。

淡々と作業ができるようになるのが今回の裁縫仕事の副目的でもあります。

最初のバッグは興味が勝っていますから

一本の紐ができたらもう直ぐにそれを縫いつけました。

でも今回は縫い付ける前にちゃんと二本揃えましたよ。

少し学んでいます。

二本の紐を揃えてからファスナーとカバンの側面を縫いました。

もちろん持ち手は忘れずに。

面倒なのはこの持ち手をつける作業です。

持ち手を左右同じ位置に合わせなければならないし、長さもね、合わせないといけないの。

持ち手の縫い目の位置なども気を使います。

二つの持ち手が無事につけられれば半分の作業が終わったようなものです。

内側にポケットをつけたりタグをつけたりするのはこの時です。

あとは周囲を縫ってマチ分を縫えば完成間近。

裏表をひっくり返して返し口を閉じれば完成です。

まだ慣れてませんので三時間ほどかかりました。

やり直しとかも二度三度あったっけ。

なぜタイムをチェックしているかというと

他の仕事があるので一日のうちの配分を考えてメニューを作ろうとしているのです。

ポーチ作りを何のためにやってるの?

と、さっき家人に訊かれました。

なんのために?

一番は持っている布を活かすためにです。

活かすために何をどうしたいかと常日頃考えていて、

ポーチ作りに行き着きました。

バッグもいいけれど持ち手部分に時間を取られすぎるので

またポーチに戻ります。



こちらは二つ目バッグです。

接着芯のせいでパリッとしています。



最初のは芯がキャラコですからフニャとしているけれど柔らかい。

どちらが好いか好みの分かれるところですね。

型紙の位置も違うので同じパターンでも雰囲気が違うでしょ。

それが楽しい一点ものの世界です。

二個目の方が少し大きいです。

ファスナーの大きさを間違えて裁断したせいで最初のは少し小さめ。

30センチのファスナー仕様なら本来二つ目の大きさになるのです。

子の着物地バッグあと二つくらい作れるかもしれません。

またおいおいと作るかもしれません。

この生地はポーチには向かないのよね。好きなんだけど。。。。。































にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 着物生地でバッグ | トップ | お気に入りの帯地で作ったフ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵なバッグですね (クレヨンおばさん)
2017-04-24 10:03:36
こんにちは、はじめまして。

記事を読ませていただき、そうなのよねえ、と思いました。

バッグの持ち手、曲者ですよね。

私もバッグをたまに作るのですが、持ち手には失敗が多いです。

2本の長さが、微妙に違ってた。

つけた位置がちょっとずれてた。

一本が、裏返しだった。

ねじれているまま、仕上げちゃった。

抑えミシン、忘れちゃった。

以上、私の失敗談です。

私は、バッグ作り、向いていないんじゃないかと思います。

でも、何か作るって楽しいですよね。

私は、着物や帯でバッグを作ったことがないので、こちらのブログの写真、参考になりました。
意欲付けにもなりました。

ありがとうございました。

長々と、失礼いたしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。