mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

ついに出ました赤系の色

2017-05-20 | 趣味

おはようございます。

草木染めに夢中になっている山里の私です。

今日も夏日になりそうな日。

朝から空は晴れています。

いつのまにか草木染めに夢中になって

ポーチよりもリボンよりも今は染め。

その色の美しさにハマってしまいました。

自然界の中の植物、これまでヨモギ、カラスノエンドウ、フキの葉っぱ、アケビ、藤などで色を出しています。

どれも綺麗な緑黄色系です。

まるで新緑の野山を布に写し取ったみたいで綺麗。

でも緑の葉っぱの出す色はたいてい緑系なので、違う色目も出して見たくなりました。

調べて見ると赤系が出るという植物がいくつかあり、そのうちの一つがビワの葉でした。

桜の枝もやって見たけれど今の所失敗しています。

昨日は近所の人が来たので染めた布を見せてました。


色の美しさに感動して、今度桜の生木をあげると言ってくれたのです。

楽しみですね。

ぜひ一度桜で桜色を出して見たい。


桜で失敗したので少しめげていましたが、ビワが素晴らしい色を出してくれました。

一番最初のは染めムラができてしまったけれどとても濃い色が出ています。

銅金色と云ったらいいのかな。

いわゆる銅板の色。

表現しにくいけど個性的な色が出てますね。

二番目は少し薄くなりました。

三番目はうっすらピンクです。

染め液も使用頻度によって色が薄くなるのでしょうか?

考えればそうかな。

色素が順番になくなっていってるわけだからいつまでも使えるってことはないですよね。

きっと何度か使ったら嵐いのに変えたほうがいいでしょうね。

ご存知の方がいたら教えてください。

草木染めの染め液はどのくらい使えるのか、情報が欲しいところです。

でもね、染め液を作る材料は山ほどあります。

新しく作り変えるのだって全然面倒じゃないし、

返って楽しみなくらいです。

これからも桑の葉っぱ、くず、野バラ、金銀花などなど

色を出して見たい植物がいっぱい。

ありがたいことに昔集めた白生地がまだ残っています。

これがなかったら染めに夢中になることもなかったです。

断捨離で捨てなくてよかった。






朝日の中で写真を撮って見ました

一番右が最初に染めた色、隣が最後に染めた色、その左が二回目。

色はずいぶん茶色がかって見えてますが実際はもっと赤っぽさが出ています。

一番白く見えるのもうっすらピンク。

それぞれ色の濃さが違っていい感じです。

まさかあのゴワゴワのビワの葉からこんな色が取り出せるなんて思いもかけませんでした。


草木染めって本当に楽しいし、驚きがいっぱいです。

でもあまり人気はないのですね。

草木染めの話が始まってから

私のブログのアクセス数が減っています。

みなさん興味ないようですね。

こんなに素敵な色が出ているのに

その魅力をカメラでお伝えできないのが残念です。

週末、お天気は良さそうです。

楽しく過ごしましょう。




















にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビワの葉の出した色にびっくり | トップ | ビワ染めって奥が深かった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。