mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

母の手打ちそば

2016-12-31 | 日記
年越しそばを食べてきました。

乾麺を茹で、海苔をかけたざるそばです。

大根おろしも添えました。

家人はそばのバター炒めに目玉焼き。

サラダと、今夜は炒り鶏を作ってそれが副菜でした。

炒り鶏はチキン、レンコン、ニンジン、コンニャク、グリーンピース、ゴボウを

炒り煮した物で運がつかないのはゴボウだけ、

後の野菜は全部野菜に「ん」がついているでしょ。

『ん」を「運」にかけています。

冬至の日にカボチャを食べるのも

ナンキンカボチャにんがついているから,という説も有るようです。

その説を目にしたので今夜はそれを鶏入れてみました。へへ、ジョークですよ。


ソバは長野県産乾麺ですが食塩と水とそば粉と小麦粉だけで作られています。

余分な物が入っていないのでさっぱりと美味しい味でした。


今年の年越しそばを食べながら

子供の頃の大晦日の過ごし方を思い出しましたわ。


ソバは必ず母の手打ちソバです。

今思えば見事に薄く伸ばしてありました。

もちろんウドンだって打ちましたよ。

還暦も過ぎやっと最近になって手打ちウドンを作り始め、

生地を伸ばすのがいかに難しいか初めて知りました。

母が一体何歳の頃からウドンを打っていたのかしりませんが、

中々の技術を持っていたのですね。

小さい頃にはその価値に少しも気がつきませんでした。


つい最近になるまで本当には判っていなかったのかもしれない。

今、同じ仕事をやってみて初めて母のすごさを認識出来たような気がします。

ウドンやソバをあんなに軽々と普通に作れるなんてスゴイです。

また母の時代には彼女のような人が普通にいた事にも驚きます。

今では手打ちウドンはウドン屋さんで食べるものになってますよね。

もちろん何割かの人は家庭で手打ちウドンやソバを愉しんで居られる事でしょう。

でもあの時代に比べたら人数はきっとずいぶん少ないでしょうね。

実家はソバと一緒に大根の千切りを茹でたのを一緒に食べました。



現在私の住む山里には

辛味大根のとびっきり辛いのが有り、それをすり下ろして食べたりします。

辛いですよ。

私の今夜の大根おろしは残念ながら甘口の大根でしたわ。

残念。

年が明ければ母は九十歳になります。

明日は電話で新年の挨拶をするつもり、

その時にはウドンやソバをうってくれてありがとうとあらためてお礼を言いましょう。

生きている間にお礼が云いたいです。

それくらいしか親孝行出来なかった不肖の子でしたから。



昨日の晩遊び過ぎたので今日は眠くてたまりません。

午前零時に花火が上がります。

除夜の鐘の波動で一年お浄めをし、

打ち上げ花火のドカーンという振動で新年を祝うのも良いけれど、

今年はこのまま眠ってしまうかもしれません。

後少しで今年が暮れて行こうとしています。

来る2017年が全ての生きとし生けるものにとって

喜ばしい年になるよう、

心から年に一度のお願いをいたしましょう。

どうぞ皆さま来年もよろしくお願いします。




































にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村


人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手打ちウドンでおもてなし | トップ | 書き初め☆駅伝を聞く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。