mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

灰汁の量でも色がかわる

2017-06-20 | 趣味
草木染めに夢中の私ですが、

この間ヤマブドウの染め液で染めている時に、

せっかく優しいピンク色だったのに、

灰汁につけておいたら

グレーになっちゃったって

写真付きで見せましたよね。

あれがショックで、あのあとせっかくのピンクを灰汁につけるのが嫌になってしまいました。

もちろん染め直しもできるし

一度グレーになったものにまた紫をかけると、

それはそれでなんとも綺麗な紫になるのです。

だから全然問題ないのに

やっぱり灰汁につけた瞬間好きな色が出ると、

おお、っとなりますが、

思いがけずにくらい地味目な色が出ると

ギョエっとしたりするのです。

今日も一枚、

桑の実で綺麗なピンクが出ていたのに、

灰汁につけたらなんというかシルバーっぽく緑っぽくなっちゃいました。

また染め直そうかどうか迷ってます。

色が薄いのでもっと濃くしたいのです。

そのあとハギレを染めた時、さっきみたいにグレーになって欲しくなかったので、

灰汁を水で薄めてみました。



そしたら綺麗な青がさーっと入ってきて見事綺麗な薄紫になったのです。

灰汁の濃さでもつける長さでも反応が違うから

もう無限に色があるということです。


本当に草木染めって楽しいですよ。

まさに一期一会。


何より、やり直しがきくのが嬉しいのです。



この濃い色が乾いてみたら染めムラが目立ったので

灰汁につけてみました。



そしたらほらこんな地味目の色になっちゃいました。

これが乾くとわずかにペパーミントグリーンって感じです。

いい色ですけどね、もうちょい濃い色が欲しいところなの。

多分染め直し。








































にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桑の実染め | トップ | 赤いユスラウメと黄色の夏ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。