家庭で使える美容グッズ!便利なものを勝手に紹介しちゃいますね。

家庭で使用できる便利な美容グッズをご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分で自分の髪を切る!便利なアイテム

2017-06-09 11:28:29 | 日記
自分で自分の髪を切る便利なアイテムってしっていますか?今回は、自分で散髪する事が出来るアイテムと上手に整える方法について紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

自分で散髪する際には、購入する必要があるのは、バリカンです。どんな髪型にするかで違ってきますが、バリカンはアタッチメントを切り替えるだけでショートヘアからミディアムまで対応する事が出来ます。坊主やスポーツ刈り、ツーブロックなど短めの髪型の人は、広い面積を一定の長さで揃える必要があるので、ハサミで行うのは難しいと言えます。

また、バリカン以外の必要な道具はしきバサミです。ボリュームの調節や修正で欠かす事が出来ない道具です。2000円程度で購入する事が出来ますので、購入しましょう。

セルフカットを上手に行っていきためには、準備も大事です。高い技術や上手く切るという事ではなく、大きな失敗をしないという事が大切になってきます。素人が鏡を見えない箇所を含めてカットしていくので、様々な失敗が起こってしまうのが当たり前です。何より大切なことは、焦らず、ゆっくり、少しずつを心がける事が大切になってきます。

具体的な前髪の切り方ですが、前髪については、バリカンで切る方法とはさみで切る方法があります。バリカンの場合には、過っとしたい長さよりも長めのアタッチメントを使うようにして、額にそって生え際、頭頂部へとまっすぐにバリカンを滑らせてきます。

前髪の長さを均等にする場合には、前髪を同じ長さにして、もっと短くしたいという場合には、アタッチメントも短いものに変えて同じようにカットしていく方法がお勧めできます。前髪の長さを部分的に変えたい場合には、バリカンで長めにカットした後にハサミを使ってカットしていきます。

前髪をクシや日本の指でつまんで、引っ張って伸ばし、毛先をカットしていきます。使うのは普通の理容ハサミで、ポイントとしては、ハサミは毛の流れと平行に縦方向に切るということで、最初は、前髪の一番上の層から切っていくようにしましょう。ハサミを髪とクロスさせるように真横に入れるとぱっつんのようになってしまうので注意しましょう。

前髪は一番外側の表面の層から切るようにして、表面をカットするだけでもボリュームが減ってさっぱりする事が出来ますし、それでも足りないという場合には、ハサミを縦に入れると前髪が少しずつ不規則にカットできるので自然な仕上りになります。これを繰り返しながら、目指している前髪を作っていきましょう。

最近では、バリカンを購入することにより、マニュアルが入っています、初心者の方は、様々なヘアスタイルのカット法が説明されていますので、参考にすることにより、自分の思っているような髪型に仕上げる事が出来ます。

最初はマニュアル通りに行って慣れてから、様々な方法を取り入れて行っていく事により、理想の髪型のすることが出来ますので、何より、焦るのではなく、ちゃんと時間がある時に行っていくようにしましょう。

特に短くしたいと考える時と、長めにしたいと考える時があり、それでも良い感じに仕上がっても伸びてくると耳元が気になるという人も多いと思います。髪の毛を切る時に耳を少なめにしたり、バリカンのアタッチメントを変えて工夫することもできますし、バリカンで気になる部分だけを手軽にカットする方法なども学ぶことにより、理想の髪型を維持する事が出来ますし、自分に合った髪型を見つける事ができます。

時間がある時や髪の毛が伸び始めて少し早めに気になる部分だけを切る場合には、スキバサミを使うのがお勧めできますし、失敗しても、次はその失敗を活かす事も出来ますので、短くなりすぎないように少しずつ、自分でカットする練習を行って挑戦していくようにしましょう。

また、自分で散髪する際には、鏡を見ながら行いますが、基本的には鏡越し、正面やサイドはギリギリ自分の目で見えるのですが、後頭部や襟足部分は見る事が出来ません。

自分で散髪をするようになると回数を重ねることにより、徐々に上手になっていきますし、失敗する確率も減ってきます。ポイントをつかむ事が出来るようになるとラクラクに上手に散髪する事が出来るようになっていきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vラインの処理を自宅で行う... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事