RAIN☆ANGEL

韓国アーティスト
Rain(ピ)を応援しています。
雨と雲の幸せを祈ります。

RAIN スーパーマンが帰ってきた 記事

2017-05-15 01:36:11 | RAIN ニュース

スーパーマンソーダ兄妹グッバイ...最後の48時間feat。叔父

 

イ・ボムス、家族が約1年3ヶ月の時間を終えて「スーパーマンが帰ってきた」の視聴者と別れた。

14日午後放送されたKBS 2TV「ハッピーサンデー  -  スーパーマンが帰ってきた」181回では「愛という言葉よりも愛することができれば」が描かれた。

この日イ・ボムスは「最近、映画“自転車王オム・ボクドン”がクランクインした。これで本業の俳優に戻る」と「(「スーパーマンが帰ってきた」を)良い思い出にして卒業することになった」と下車を発表した。

イ・ボムス、家族の最後の話は、ソウルとダウル兄妹の「自転車王オム・ボクドン」の撮影現場訪問記であった。

お父さんを応援するために母イ・ユンジンについて出たもの。

ここで驚きのゲストとの特別な思い出も作った。まさにワールドスターRAIN。

RAINは “自転車王オム・ボクドン”でオム・ボクドン役を引き受けた。

ソウルとダウル兄妹はRAINに激しい好感を表わした。

特にダウルは “叔父さん私の家に遊びに来てはいけないの?”と重ねて提案した。

RAINやはり「ソウルのようにきれいな娘を産みたい」と格別な愛情を誇示した。彼はまるで実際の叔父のように子供を優しく世話した。イ・ボムスの代わりに撮影現場見物もしてくれた。

ソウルとダウルを撮影小道具の人力車に乗せたまま撮影会場を歩き回った。

以後イ・ボムスの家族は最後の挨拶を伝えた。イ・ユンジンは、製作陣とのインタビューで、「夫が一人息子なので子供をたくさん産みたかった。よくできると自信があったが、実際とても未熟だった。

しかし、実際にこの番組をしながら、多く変わったようだ」と話した。

イ・ボムスは「子供たちが不便がりはないかと心配したがたくましくさっそうと臨んでくれてとてもありがとう 」と言いながら「お父さんは愛してるよ」と述べた。

 Rain、イ・ボムスの妻と格別な縁「厳しい英語の先生」

Rain(ピ)が、イ・ボムスの妻イ・ユンジンと格別な縁を公開した。

14日放送されたKBS2TVの『スターパパ奮闘記! スーパーマンが帰ってきた』でソウルちゃん、タウルくん姉弟は、パパ イ・ボムスの映画の撮影現場を訪ねて応援した。

映画『自転車王 嚴福童(オム・ボクトン)(原題)』は、イ・ボムスが出演はもちろん、製作までする作品。主人公はRainで、この日Rainはソウルちゃんタウルくん姉弟と意味深い時間を過ごした。

この日の現場にはイ・ボムスの妻イ・ユンジンもいた。イ・ユンジンは自身を「ヒョンスニム(兄嫁様)」と呼ぶRainが慣れないように笑ったし、Rainはソウルちゃんとタウルくんに「ママが叔父さんの英語の先生だった」と、説明した。イ・ユンジンは過去Rainの英語の先生を務め、Rainの英語力を高める一助となった。

Rainは「眠る時間もないのに(イ・ユンジンが)本を広げて『兄さん、やらなければならないです』と言った」とし、「そんなふうに習ってニューヨークに行ってインタビューをしたが、3カ月一生懸命学んだ英語で上手くできた」と、誇らしげに言った。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170514 The Return of Supe... | トップ | PSY - ‘New Face (RAIN ver.)  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL