NOVA ERA

映画大好き、メタル・旅行・飛行機・相撲・世界遺産も好きな未熟な社会人の毎日を綴ります。

ビリギャル

2017-07-29 22:39:43 | 雑記
少し前に映画「ビリギャル」を観たのだけど、主人公が慶應義塾大学文学部の入試を受けるシーンでいくつか思い出すことがありました。
実は僕の妹も同大学の文学部を受験しています。
慶應義塾大学文学部の入試では、英語の試験で辞書を二冊まで持ち込めるそうなのですが、それが映画でも描かれていて、試験中にトイレにいったりで時間が足りなくなった妹は、長文の下線部が引かれたキーワードの意味を問う四択問題で、辞書で引いた意味通りの選択肢を選択したら間違えたそうです。
じゃあ何が正解なの!という感じですが、それも文脈から読み取らなければならないのでしょうね。
妹が受けたときは世界史の問題で、ギリシャ人女優のメリナ・メルクーリを問う問題が出て、悪問と評されていたけど、映画ファン的にはメリナ・メルクーリは常識的な女優だし、こういう文化的素養を問うのもいいのではないかと考えてしまう。
と、たかが映画のワンシーンでそんなどうでもいいことを思い出してしまった自分がいます。
オードリーの春日も東大に受かるといいですね。
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恒例の誕生日撮影 | トップ | プレイルームでの出来事 »
最近の画像もっと見る

雑記」カテゴリの最新記事