ひとり ときどき、ふたり散歩

「見て・撮って・歩いて」
ぶらっと歩き、日常の出来事を書き綴ります。
過去ブログは、FC2ブログに395個収録。

2017年 年越しそば 神田まつやで

2017年12月31日 | 蕎麦めぐり

ある日、年越しで人が並ぶ前に「神田 まつや」に再び伺います。

 

雪囲いも飾られ、良き風情です。

 

蕎麦を食す前に「蕎麦前」をいただきます。

「わさび かまぼこ」、板付きのかまぼことわさびだから、

いわゆる「板わさ」と呼ばれます。

かまぼこは、小田原の『鈴廣』のもので食感もよく。

わさびは「赤軸」の本わさびで鮮烈です。

【ワサビのお話】
ワサビは大きく分けて青軸(実生系)と赤軸(真妻系)に分かれます。

青軸は、成長が早く、水分が多めでシャープな辛さが特徴です。

赤軸は、成長に時間がかかり、豊かな風味と粘りは青軸より数段上で

値段も青軸より高くなります。

酒は、「菊正宗 特選」

「蕎麦味噌」(味噌を砂糖やみりんと合わせ甘みを加え、

煎った蕎麦の実が練り合わされたもの。)

を舐めるようにちびちびしながら、ぬる燗をやるのがいいですね。

 

「蕎麦屋の焼き鳥」は、蕎麦つゆのかえしに

みりんを少し混ぜたタレで焼くのが蕎麦屋流です。

柔らかくも弾力のある食感、香りよく適度な甘辛さは酒にぴったりです。

 

こちらのお蕎麦は、「つなぎ」は鶏卵が使われています。

蕎麦の香がよく感じられ、つゆも江戸前で辛く旨いつけ汁です。

 

最後は、「蕎麦湯」で〆て

今年1年の達成感と満足感でニンマリとします。

 

大晦日は、「熊本 赤酒」に「屠蘇散」を入れて、

神聖な「お屠蘇」にしていただきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純米吟醸「百十郎」 隈取りいちょう

2017年12月28日 | 老舗包装紙


このお酒は、「獺祭」「梵」を抜いて週間販売ランキングで1位に輝いたお酒。

お酒の名は、「百十郎 日和(ひより)」です。

 

「百十郎 純米吟醸 無濾過生原酒 秋田酒こまち仕込み」の約半年熟成。

秋田酒こまちは「百十郎」で最初に使われたお米で、言わば「百十郎」のルーツです。

 

目につくのは、「百十郎」のラベルデザインにこだわっています。

「百十郎」のトレードマーク「隈取(くまどり)」のバックに散りばめられているのは、色とりどりのイチョウ。

 

このお酒を一言で表現するとフルーティー。

細かく言うとフレッシュなフルーツというよりは軽く熟したドライフルーツのニュアンスです。

とても奥行きのある香りで、香りからも旨さが伝わって来ます。

一口飲んでみると、膨よかな甘味が口いっぱいに。

そして、後から酸や辛味が追い掛けて来て、複雑で豊かな味わいが広がります。


 

下記リンクは、私の「ピクスタ」アカウントです。

販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA

写真素材のピクスタ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1981年産ワイン シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ

2017年12月26日 | 都内ぶら~り

今年は、ヴィンテージワインで祝されます。

まずは白ワイン、2000年物と2012年物の2本

 

 「メゾン・ミッシェル・ジャックン ジュヴレ・シャンべルタン プルミエ・クリュラ・プテイッ卜・シャペル 2000」

 生産地は、「フランス ブルゴーニュ ジュヴレ・シャンべルタン」

 生産者は、「ミッシェル・ジャック」

 スタイルは、「赤ワイン」

 品種は、「ピノ ・ ノワール」

  

 

 「ピュリニー ・モンラッシェ・プルミエ・クリュクロ・ド・ラ・ムシェール2012」

樹齢70年以上の古樹から生まれたこのワインは、超エレガン卜で複雑味のある味わいです。

白ワインの頂点に君臨する「ブルゴーニュのピュリニー・モンラッシェ」

産地は、「フランス ブルゴーニュ プュリニーモンラッシェ」

生産者は、完璧主義者の「アンリ・ボワイヨ」

 

華やかな赤ワインは、結婚の年に生まれた記念すべきワイン。

 

1825年~サンテグジュペリ伯爵が買い取ったシャトー。

 「星の王子様」で有名な作家の「アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ」はそのひ孫にあたります。

 17世紀~18世紀にかけてこのシャトーを所有した2人のオーナーの名前が、シャトー名に残ります。

 

このワインは、

エレガントで繊細な構成を有し、

深みがあり、樽香は強すぎず、フレッシュさと優雅さが見事に引き出されています。


還暦の年にいただいたヴィンテージワイン、心くばりにありがたく

 大事に大事に 取扱います。

 

下記リンクは、私の「ピクスタ」アカウントです。

販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA

写真素材のピクスタ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座 キルフェボンに並ぶ

2017年12月24日 | グルメ

平日の日10時すぎに訪れると、行列の整理のため警備員の方も3人待機しています。

この風景も毎年見られる、銀座「キルフェボン」の風物詩

 

「白イチゴのタルト」も美味しそう

 

クリスマス期間限定のメニューはこちら

 

今年は、4番目。開店は11時、寒空の中待ちます。

 

求めたのは2種類、「ブルーベリーとホワイトチョコクリームのタルト」と「イチゴのタルト」

 

プチンとはじける食感の甘酸っぱいブルーベリー

 

甘酸っぱくジューシーなイチゴをふんだんにのせ


 毎年の我が家の恒例ごと、11時の開店時には50人ぐらい並びます。

 この期間、カットケーキは買えません、全てホール売りです。

  ちなみにキルフェボンの本店は、浜松にあります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリー・クリスマス ニコライ・バーグマン

2017年12月24日 | 老舗包装紙

 2017年 クリスマス・イブ

花を贈るときに秘密めいたボックスを開ける喜び

 

クリスマス限定のフラワーボックス

 

バラやカーネーションをメインに、マツボックリやゴールドのオーナメント

 

クリスマスらしいアレンジメント。

 

ゴールドカラーが光り輝き、暖かみのあるデザインに癒やされます。


       " Mary Xmas "   

        " Mary Xmas "

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加