ひとり ときどき、ふたり散歩

「見て・撮って・歩いて」
ぶらっと歩き、日常の出来事を書き綴ります。
過去ブログは、FC2ブログに395個収録。

錦松梅 有田焼に飾る 17.8.16

2017年08月16日 | 日記

 

20代の頃、岡山倉敷で記念にと求めた、茶褐色の素焼きの「備前焼」や、

滋賀甲賀の土色の焼きを楽しむ 「信楽焼(しがらき)」もお気に入りでしたが

1_20170729105528d2e.jpg


この年にもなると、いただいた艶やかな色合いも長く付き合っていると愛着を感じます。

2_20170729105530b95.jpg


この中に入っていたのが、つれあいがおすすめする 「錦松梅(きんしょうばい)」。

江戸の風味を今に伝える東京伝統の「高級ふりかけ」です。

3_20170729105531c9b.jpg


創業者の「旭翁(きょくおう)氏」は、『掛川藩』の武士の家に生まれ、

美味いものを求めて、全国を歩いたという食道楽でした。

子供の頃、寺子屋でいつも食べた弁当のおかずが、かつお節を削ったもの。

それが気に入らず、自らの手で長い年月をかけて作り上げたのが、
 
ふりかけ「錦松梅」なのです。


もとは、華道古流の師匠であった妻のもとに集まる婦人や令嬢に供していたそうです。

ある時、社長令嬢の結婚式に引出物で出したところ、

そのえもいわれぬ香り、風味、口あたりが、たちまち評判になったといいます。

4_201707291055325e6.jpg


職場近くの東京四谷左門町の地に商品として産声をあげたのが昭和7年。

社名の由来は、趣味であった盆栽の中から、

代表的な「 錦松(にしきまつ) 」と「 梅 」を合わせ、「錦松梅」と名付けたそうです。

東京では名のしれた、なにげない高級ふりかけ。



【回顧】

記念日に素敵な有田焼の器に入った高級ふりかけの錦松梅をいただいたものです。

2017_07_29_IMG_7444.jpg


昔は、よくCMで見かけましたが、

鰹節をはじめ、白胡麻、きくらげ、松の実など山海の素材が沢山入って、

風味のあるソフトなふりかけを大事に食べたものです。

なんとなく、これは自分で買うものじゃないような気がしていました。

5_201707291055345b5.jpg


中味より有田焼の器が、高価なご贈答品という想いがあります。

有田焼の新柄は、藍色をほどこし、器の中に錦松梅のふりかけをおさめ、

食台の真ん中で、思いをめぐらす時間を作れます。

6_20170729105535dec.jpg

今は、20年前にいただいた器に、
 
二人の好きな野沢菜や奈良漬、あお高菜をいろどります。


今年もお盆近くに訪れた、東京の街なかでは珍しい 『オニヤンマ』一匹。

妻が声を押し殺して、教えてくれます。
ベランダの隅に、朝から夕方まで羽根を休ませています。

TRA_6382.jpg


あぁ~ そうです 『今日は亡父の誕生日」です。 
オニヤンマになって来るところが父らしい。

つれあいと触れ合って、記念写真。

2017_07_30_IMG_7489.jpg

アサガオの葉の上にそっと置くと、
 
羽根をゆっくりと動かしたかと思うと 飛び立っていきました。

普段は来ないのに、お盆の時期が近づくと……  
ベランダの手すりに乗り、つがいの鳩が部屋の中を見てたりと、
 
いろいろなものに化身して立ち寄ってくれます。

仏壇があるのは故郷なので、形式ばかりの場所を作り、毎朝お祈りするおかげかも。

つれあいのお父さんも そろそろ来てくれる頃、お待ちしています。
 
 
下記リンクは、私の「ピクスタ」アカウントです。

販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA

写真素材のピクスタ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンブラン万年筆 ピスト吸入式に魅入る 17.8.4

2017年08月04日 | 絵画展覧会

今までスケッチなどに使っていた、「つけペン」。

「日光ペン」のペン先は年代物です。

ラウンドペンは、レタリングに使えます。

 

ペン軸は、ソフトグリップ付きの「木製のペン軸 SL430G みどり」。

ペン先(ペンの先端)にインクをつけながら描きます。

インク自体の表面張力、粘性によって、インクをペン先の一部に付け、
毛細管現象を利用して紙に写し描きます。

 

使っているインクは、パイロットの「Blue Black(ブルーブラック)」インク。

青みが強くて、ブルーブラックよりは明るい気もしますが、
この色もお気に入りの色です。

 

最近手に入ったのが、

1970年代クラッシックシリーズ「MONTBLANC  420  GERMANY」。

 

インクの補充方法(インクの入れ方)は、「ピストン吸入式」。

万年筆の醍醐味の一つは、この吸入式万年筆にインクを入れているときです。

 

万年筆を使うのは、季節の挨拶、伝えたい気持ちを込めるため、
こちらの「便箋」にしたためます。


 
☆ピストン吸入式のモンブラン万年筆へのインクの補充方法

①尻軸を、左に止まるまで回しますと、内部のピストンが下に(ペン先側)下がります。

 窓のあるタイプは、窓にピストンが下がってくるのが見えます。

 回転が止まったところで、止めます。

 

②ペン先をインクボトルに浸けます。

 ペン先全体が完全にインクの中に入るようにします。
 
 そうしないと先に空気が入っていきますので、インクがしっかりと入りきりません。

 *ペン先がボトルの底にあたらないように注意します。

 

③尻軸をゆっくり右に回して、インクを吸入します。

 「ここが吸入の醍醐味です。焦らずにじっくりと吸入を楽しみます。」

④インクをいっぱいまで吸入したら、ペン先をインクの中から出して
 
 尻軸を左に少し回して、インクをインクボトルに2、3滴落とします。

 ペン先を上に向けて、尻軸を右に回しきります。

 ペン先の余分なインクをある程度ペン内に入れることができます。

 首軸周りについたインクをティシュで拭き取ります。これでおしまい。

 

インクは、純正の「MONT BLANC」Midnight Blue(ミッドナイトブルー)新型ボトル。


 
書いた直後は濃くてやや紫がかった、茄子紺です。

渋く、日が経つと黒っぽく変化する大人の色合いです。

 

"インクを吸入する時の時間が好きですね。"

"いつも手元に置いて、白い星印が粋な 私の逸品です。"


 

下記リンクは、私の「ピクスタ 」アカウントです。

販売中の写真を見ることが出来 ます。どうぞご覧下さい。



写真素材 PIXTA

写真素材のピクスタ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加