エクセプト薬剤師Blog:寺島寿樹

薬剤師を目指している寺島寿樹ですが、薬剤関連以外のことについては当ブログにて綴っていきたいと思います

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年01月30日 | 六本木

日本初の大型総合展「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」が、2017年4月7日から6月25日までの期間、東京・六本木ヒルズ森タワー52階展望台東京シティビューにて開催されます!!

この展覧会では、マーベルおなじみの作品やキャラクターをはじめ、日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具などを展示し、過去から現在に至るまでのMARVELとその世界観を余すところなく紹介してくれるのだそうで、単なる「ヒーロー作品」の枠組みを超えて、世界中の人々を夢中にさせるMARVELの魅力に迫るのだとか!!

アベンジャーズやアイアンマンなど、いまでは映画作品が世界的ヒットしていますし、既に1月27日からは最新映画作品「ドクター・ストレンジ」が日本公開されていますし、春には「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」が、秋には「スパイダーマン:ホームカミング」や「マイティ・ソー/ラグナロク」の公開が控えています。

入場料は、一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円となっているので、まだまだマーベルの良さに魅了されていないのであれば、一見の価値ありですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六本木アートナイト

2016年10月18日 | 六本木

「生活の中でアートを」を謳い、夜通しで街ごとアートを感じるフェスティバルが今年も開催されます!

六本木アートナイト

7回目の開催となる今回のテーマは『六本木、アートのプレイグラウンド~回る、走る、やってみる。~』ということのようで、メインプログラムアーティストは、彫刻家の名和晃平さんのようです。

開催期間は、10月21日(金)17時30分から、10月23日(日)6時までで、一部のプログラム、美術館企画は有料となっていますが、基本的には入場無料です!

開催場所は、六本木ヒルズ / 森美術館 / 東京ミッドタウン / サントリー美術館 / 21_21 DESIGN SIGHT / 国立新美術館 / 六本木商店街 / その他六本木地区の協力施設や公共スペースとかなり広範囲となっているので、全部を楽しむためには、3日間じゃ、ちょっと時間が足りないかもしれませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Googleが新型スマホ発表イベント

2016年09月21日 | ニュース

iPhone7が発売されたかと思えば、今度はGoogleが10月のイベントで新型のスマホを発表するようですね。

googleイベント

しかも、今回の発表は、現在の「Nexus」シリーズに代わる新たなシリーズ「Pixel」の発表だということで、かなり期待されているようですね。

動画も公開されているようで、なにやら意味深で、日本時間で2016年10月5日(水)1時からイベントが開催されるとのことですから、当日がとても楽しみですね。

ちなみに、このPixelスマホはHTCが開発を担当しているそうで、ディスプレイサイズの違う2モデル(通常モデル「Pixel」と大型モデル「Pixel XL」)が用意されていると言われています。

シンプルな筐体だとのことですから、俄然興味が出てきますね。
Google製ということですから、OSのアップデートの面倒までみてくれれば、iPhoneから乗り換えてもいいのですけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはりワウリンカが優勝した!!!

2016年09月12日 | スポーツ

全米オープンテニスは、やはりというか、ワウリンカ選手が見事に優勝しましたね!

これでワウリンカ選手は、3年連続でグランドスラムの大会を制したことになり、キャリア・グランドスラムまで残すところ、ウィンブルドンだけとなりました。

退会によってはムラのある選手とはいえ、ここ一番の試合となると、とても強いですね。
フィジカルもさることながら、精神面がとてもタフになりましたよね。

なんといっても、ツアー決勝では、11連勝という強さで、大舞台になればなるほど、強烈に強さが増すようです。

とかく、ジョコビッチやマレーなどのビック4の影に隠れがちですが、今回の勝利によって、アンディ・マレー選手と同じ3回めのグランドスラム優勝となっただけでなく、キャリア・グランドスラム達成においては、アンディ・マレー選手を追い抜いてしまいました。(マレー選手は、全米とウィンブルドンしか制していない)。

こう考えると、現役でグランドスラム優勝者は、フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、ワウリンカ、デルポトロ、チリッチの7人だけで、マスターズ1000の優勝者は、先の選手以外には、フェレール、ツォンガの2人だけとなっており、まずは錦織圭選手はこのマスターズの優勝を目指したほうが良さそうですね。

なにせ、グランドスラムの場合は3セット取らなければなりませんし、フィジカルで劣る錦織選手には、なかなかシンドイ大会です。

ちなみに、錦織選手は、準決勝のワウリンカ戦で、もし勝っていればランキング3位に浮上するところだったのですが、やはりtop3の壁はそんなには低くはありませんよね。

top3に入るためには、最低でもマスターズクラスの大会で優勝していなければ、やはり箔がつきません。

ですので、10月の上海ロレックス・マスターズ、BNPパリバ・マスターズの優勝に期待したいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決勝をかけた試合(全米オープンテニス)

2016年09月09日 | スポーツ

ついに、日本時間で10日朝の5時位から、全米オープン準決勝、錦織圭選手とスタン・ワウリンカ選手の戦いが始まりますね。

対戦成績は、錦織選手からみて2勝3敗、グランドスラムにおいてもワウリンカ選手は、既に全豪オープン、全仏オープンを制しています。

 

最近の試合では、ロジャーズ・カップ準決勝で、錦織選手がワウリンカ選手をストレートで破っているとはいえ、ちょっと怖い相手ですよね。
なにせ、ワウリンカ選手、2015年は準決勝まで進んでいますし、2014年こそ準々決勝で錦織選手が勝っているとはいえ、恐らくこの大会は得意な大会であると言えます。

また、グランドスラム優勝においても、2014年に全豪オープン、2015年に全仏オープンを制しており、1年に1つ勝つことを目標としているのであれば、これが最後のチャンスです。

流れとしては、今年はウィンブルドンを目指すところではありますが、ワウリンカ選手はあまり芝を得意としておらず、本人も「芝の試合は、自分のプレースタイルから考えると常にチャレンジになる」と言ってますから、まずは大きなプレースタイルの変化のない「全米オープン」を目指して来るのが妥当ではないでしょうかね。

しかも、準々決勝で対戦したデルポトロには、前対戦(ウィンブルドン)では負けていたにも関わらず、そのリベンジを果たしており、この準決勝もロジャーズ・カップで負けた錦織選手へのリベンジを狙っているはずです。

いや~、本当に怖い相手ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加