寺さんの【伝えたい話・残したい話】

新聞記事、出来事などから伝えたい話、残したい話を綴っていきます。
(過去掲載分は「付録」の「話・話」を開いて下さい)

(第2472話) バラ色の月曜日

2017年07月12日 | 人生

 “今日は月曜日。ブルーマンデーという言葉があるくらいで、毎週月曜になるとブルーになる。なんで毎日、日曜にならないのかと。それが今年、嘱託満了になって気持ちがガラリと変わってしまった。
 何で今日も休みなの。一日のメリハリがないし、夜になってテレビを見るまで今日が何曜日なのかさえ、わからなくなってしまう。
 朝早く起きなきゃいけない、もう会社に行かなきゃならない月曜日が、どんなに楽しい思いなのか、今になって初めてわかった。よく失ってみてわかるというけど、ブルーマンデーが実はハッピーマンデーだったんですよね。ブルーの裏の色は、バラ色なんでしょう。”(6月25日付け中日新聞)

 「300文字小説」から東京都日野市の清水さん(65)の作品です。これは小説と言うより、清水さんの本音でしょう。同じことも受け取り方で全く違って見える。月曜日がブルーからバラ色に見えてきた。働き方にもよるが、働くというのは本来楽しいものなのだ。いろいろ条件が加わって楽しいものでなくなるのが仕事である。仕事を辞めて暇になってしまった清水さんが、仕事がバラ色に見えてきた。ボクも今、まさにその中にあり気持ちはよく分かります。
 ボクも先月30日を以て完全退職しました。毎日サンデーになりました。なってまだ10日余りです。今のところ辞めて暇になった実感は全くありません。ボクの場合、ここ2年は毎週2日間の勤めで、ほとんど軟着陸状態でした。そこに老人クラブ連合会長の要職を賜り、返って忙しい状態に戻った感があります。そしてこの10日間ばかりは毎朝毎夕、畑仕事に振り回さされています。草との格闘です。清水さんの気持ちが本当に分かるのはもう少し先のことになるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (第2471話) サトイモ | トップ | (第2473話) 「家族の日... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。