毎日、1000件程度のアクセス、4000件以上の閲覧がある情報発信ブログ。花や野菜作り、市民運動、行政訴訟など
てらまち・ねっと



 庭の植物に水やりが不可欠な季節。水やりをしていると、細かな変化にも気づく。
 2週間ほど前から、リコリスが出始めた。フツウは、伸びるまでは気づきにくい。

 伸びたら、とても目立つ。
 草が生えているところでは草の中から細長くて倒れそうな茎がニョキっと伸びてくる。
 草が無い土の面からでも、茎がニョキっと伸びてくる。

 その伸びる勢いは早い。1日に10センチ以上か・・・
 さらに、すぐに花が咲く。

 あと、白鹿の子百合(シロカノコユリ)、カサブランカ、クレマチス、「種無し金柑チビマル」の花を記録。

 なお、今日は子どもや孫たちが来るので、お掃除、お掃除。

人気ブログランキング = 今、2位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

★ 趣味の園芸/リコリス(ヒガンバナの仲間)の基本情報 学名:Lycoris
その他の名前:ヒガンバナ(彼岸花)、マンジュシャゲ(曼珠沙華)など
科名 / 属名:ヒガンバナ科 / ヒガンバナ属(リコリス属)
・・・

とつぜん花を咲かせるリコリス。


数日でいっせいに開花。
  



赤鹿の子百合に遅れて、白鹿の子百合(シロカノコユリ)も咲く。


鹿の子百合は、日本の在来種。
優雅な花。
  

カサブランカは最後の鉢。
  

クレマチスの風車。花後の種。
  

漂う香は「種無し金柑チビマル」の花。
 今年の三回目の開花。
 

初咲きの朝顔。


ツルは伸びているが、今年は花が遅い。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ◆長期休暇にお... ◆食べもの/「... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
2015.5.19 11:25
旧カウンターから移行
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***