羽織ものがたり

着てたちて 羽織のしつけ 抜かるなり

                               山口誓子

 今も、「羽織袴」の言葉があるように、長着に袴、そして羽織を添えるのは正装との思いがあります。

風俗は時代とともに変わるものですから、それについても異論を差し挟むこともないでしょう。ただ、羽織は「放る」 ( はふる ) から来た言葉のようです。長着のように帶を結ばれないで、ふわりと「放る」。だから、「羽織」なのだと。

羽織はもともと男のもので、それも「道服」 ( どうふく ) であったと考えられています。「道服」は一種の埃除けの服装であって、必ずしも正式なものではありませんでした。言い換えるなら、最初の道服は戸外での服であり、室内での着物ではなかった。でも、それが道服から「羽織」になるに至って、室内着とされるようになったのでしょう。

羽織はそもそも、男の着物。その男の着物を女が着るようになったところに、革命があったのです。時、まさに元禄の頃。

羽織はどこまで行っても、「放り」なのであって、自在に重ねるもの。身を縛らない。「伝法」とさえ言えたかも知れません。が、また、その自由さに魅力があったのです。あるいはまた、軽やかな「男装」でもあります。

事実、何度も「女羽織」の禁制が出されてもいます。しかし、その御法度を超える魔力が羽織にはあったというになります。(出石尚三:TLJ会員)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 今日は七十二... 今日は七十二... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。